ぼくらの冒険旅行

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アントン・インゴリッチとマテ・レリアの脚本をマテ・レリアが演出した、戦時の児童ドラマ。撮影はブランコ・ブラジナ、音楽はダニロ・ダネフが担当した。出演はマリンコ・チョシッチ、ズラトコ・コバチッチ、ジラン・レリヤの子供たちほか。一九六三年のベニス児童映画祭“ゴールデン・ライオン賞”を受賞している。なお、白川澄子ほかによる日本語版を、K・K日本短編映画社が担当した。なお、これは日活系で邦画と同時上映。

1963年製作/ユーゴスラビア
原題:Le Dangereux Voyage
配給:日活

ストーリー

第二次大戦中、ナチ軍隊が占領と虐殺をほしいままにしている頃、ユーゴ人の抑留所に病気のミリツァという少女がいた。同じ村の少年スラフコはミリツァに親切だったが、故郷のリンゴを食べたいという少女の願いを聞いた少年は、ヤンコというみなし児を誘って、抑留所を脱け出すことに成功した。だがそれからが大変、見も知らぬ土地、いつナチの追跡をうけるかわからない恐怖、二人は必死になって南へ向って歩いた。途中、親切なチェコ人の機関士に汽車で送られたが、激しい戦火の中、すぐ二人だけになってしまった。冷たい雨にあった。空腹にもなる。そのうち、一匹の犬を友にした。乏しい食糧をわけてやったのだ。また、戦争で子供を失った女の人の善意が空腹を充たしてくれた。その家にもリンゴはあったが、「故郷」のリンゴをとりに二人の旅は続けられた。オーストリアについた。そこでヒトラー少年隊に追われたが犬が傷つきながら二人を救った。のち、トラックに乗せてもらったことが、二人をナチに渡される結果になった。それも護送中、ユーゴの愛国ゲリラ隊の襲撃を受け、二人は奇跡的に助かり、故郷にたどりついた。鈴なりのリンゴ。ところがナチ軍はここにも砲撃してきた。二人はその銃弾の中を夢中で拾って歩いた。「早くかえって来てね」という、待ちこがれるミリツァの声が聞えてくるような気がした。そして、リンゴは無事ミリツァに届けられたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
アントン・インゴリッチ
マテ・レリア
撮影
ブランコ・ブラジナ
音楽
ダニロ・ダネフ
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く