壮烈!ブランデンブルグ師団

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハラルト・フィリップが脚本を執筆、自ら演出した戦争ドラマ。撮影はハインツ・ヘルシャー、音楽はハンス・マルティン・マイエフスキーが担当した。製作はウィリー・ツァイン。出演はウォルフガング・ライヒマン、ピーター・ノイゼル、クラウス・キントラー、ハンス・E・イエーゲル、ヘルムート・エーサーほか。

1962年製作/ドイツ
原題:Division Brandenburg
配給:昭映フィルム

ストーリー

カナリス提督下のブランデンブルグ師団はイギリス空挺師団に備えて戦闘訓練をしていたが誤って三人の兵士を殺してしまった。この事件の責任者チュルニー少尉(クラウス・キントラー)をかばったプルーク中尉(ピーター・ノイゼル)とウンガーランド少佐(ウォルフガング・ライヒマン)は司令官の怒りをかった。そのころルーマニアの石油はドナウ河を通じてドイツへ給油されていたが、イギリス軍はこれを妨害しようとしていた。司令官はこれに対抗させるためにプルーク中尉らを派遣した。プルーク中尉らの活躍でイギリスの妨害計画は粉砕され、プルークは大尉となった。しかし彼等の真の目的は敵に勝つことではなく、戦争を終らせることにあった。しかしロシア軍は、さらにドイツ軍の進撃をふせぐため突破口となる橋を爆破しようと機をうかがっていた。司令官は再びこの防禦工作をプルーク大尉に命じた。数々の難関を突破して目的地に着いたプルーク隊は、ロシア軍を撃破して橋を守った。しかし終戦を願う隊員の一人ヨーナス(ハンス・E・イェーゲル)は橋に爆薬を仕かけようとし、これを助けようとしたプルークと共にウンガーランドに射殺された。しかしウンガーランドはロシア軍に変装していることを忘れて友軍の前にとび出し、友軍の銃火をあびて、自らが死守した橋上に横たわった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く