かくしカメラの眼

劇場公開日:

解説

「豊かなる成熟」のチェザーレ・ザヴァッティーニの総監督した長編記録映画。ローマの二十四時間という形式をとり、監督にはリベロ・ビアツァリ、マリオ・カルボーネなど十四人の若手陣。撮影監督にマリオ・カルボーネ以下六名、カメラマンはユージェニオ・ベンティボリオ他十一名、音楽はピエロ・ウミリアーニが担当した。

1963年製作/イタリア
原題:Imisteri di Roma
配給:松竹映配

ストーリー

○振子労働者達 ○ローマ駅でのインタビュー ○上空から見たローマ ○アスファルト舗装工 ○食肉解体場風景 ○宗教行列 ○血液銀行 ○下水渠探訪 ○聖バルトロメオの給食 ○ナイトクラブ ○望遠カメラで盗み撮り ○公園の恋人達 ○出産風景 ○コールガールの生活と意見 ○空飛ぶ円盤の実写 ○自殺 ○ストリッパー達とのインタビュー ○夜の女とのインタビュー ○深夜の街を行くカメラカー ○女のヒモとの一問一答 ○早朝に散歩する家族、その他。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く