良心なき世代

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラジルの新しい波ともいわれる新鋭ルイ・グエッラがミゲル・トレスと共同で脚本を書き、グエッラが監督した青春非情物語。撮影は新人のトニー・ラバトーニ、音楽は「黒いオルフェ」のルイス・ボンファ。出演者はノルマ・ベンゲル、ヘセ・バラダオ、ダニエル・フィルホなどすべて新人。

1962年製作/100分/ブラジル
原題:Os Cafajestes
配給:東和

ストーリー

リオデジャネイロのアパートに住んでいるジャンディール(ヘセ・バラダオ)は、ただ本能のおもむくままに日々の快楽を追う若者だった。が、仲間のババ(ダニエル・フィルホ)のオンボロ車で満足せざるを得ない貧乏暮し。そこで二人はババの伯父の妾レダ(ノルマ・ベンゲル)に目をつけ、彼女を海岸へ連れだした。そして言葉巧みにレダを全裸にした。白昼の陽のもとで羞恥心に身を悶えるレダ……。ジャンディール、ババ、それにレダが加わった三人は、改めて伯父の娘ビルマを狙った。ある日、レダがビルマを連れてやってきた。その夜、ビルマはババやレダの眼前でたくましいジャンディールの胸に顔をうずめていた。夜が明けた。ジャンディールは、レダを彼女のアパートに送りとどけるとババの車でハイウェイをとばしていた。ラジオからは世界各国の様々な情勢が流れている。自動車がエンコしてしまった。仕方なくジャンディールは車から降りて一人歩きつづけた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く