ならず者一家

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ハロルド・スワントンの小説を映画化したアクションドラマ。英国で作られた西部劇とでもいうべき活劇篇である。脚色は原作者自身とパトリック・カーワン、ハロルド・ハスの共同。監督は英国出身の「山の上の第三の男」「南海漂流」のケン・アナキンが担当した。南アフリカにオール・ロケした撮影はテッド・ムーア。音楽はハーモニカ奏者としても有名なラリー・アドラーである。出演者はリチャード・トッド、アン・オーブリ、ジャミー・ユイス、マーティ・ワイルド、ジェームズ・ブースなど。製作はハロルド・ハス。

1960年製作/イギリス
原題:The Hellions
配給:コロムビア

ストーリー

十九世紀初頭、南アフリカの開拓地は無法者の天下であった。中でも親父のルークに率いられたマシュウ、マーク、ジョン(マーティ・ワイルド)、ジュバル(ジェームズ・ブース)達ならず者一家は開拓民たちみんなから恐れられていた。彼ら無法の一家は、力をたのんで近隣を荒しまわっては人を傷つける、手のつけられぬ連中だった。彼等がソーンダースの町へ近づいているのを知った保安官サム(リチャード・トッド)は応援を求める電報を打とうとしたが、既にルークによって電線を切られた後だった。五人は町外れのジャンの農場を荒し、町の長老メラカイの家へ足を止めた。雑貨商アーニー(ジャミー・ユイス)が運んで来ていた有刺鉄線を見たルークはジャンの農場で自分の馬を傷つけたと同じその鉄線を見ると、一端を切り取ってアーニーの首筋を殴りつけた。五人は町へ入って来た。サムは町の人達に事を荒立てないように命じ、自らも拳銃を外した丸腰で五人に近づいて行った。彼は五人に笑われ、なぶられても耐えていた。”新型拳銃入荷”の看板を見てマークはアーニーの店へ入り、アーニーに使い方を説明させていた拳銃の暴発であっけなく死んだ。幸い酒場で暴れていた後の四人には知られずにすんだが、サムはアーニーに家族を連れて次の汽車で町から逃れるように命じた。戦いはもう時間の問題であった。汽車が町を出て間もなく、息子ビリーの口からマークを探しに来たルークが妻プリス(アン・オーブリ)に暴行を働こうとしたと聞いたアーニーは走る汽車から飛び降りて店へ走った。程なく銃を手にした彼は店を出て来た。町で一番腰抜けだと思われていた男が一人でならず者に向って行くその横にいつの間にかサムが立ち、最初は協力を拒んだ町の人達も銃をとって立上った。激しい戦いの末、四人は殺され、貴重な教訓を残して町に平和が戻って来た。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る