ハネムーン(1960)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスとスペイン合作のバレエと音楽をまじえたドラマ。「血を吸うカメラ」のマイケル・パウエルが監督を担当。シナリオはパウエルとルイス・エスカバールの合作。撮影はジョルジュ・ペリナール。音楽はミキス・テオドラキス。出演するのはリュドミラ・チェリーナ、アンソニー・スティールなど。製作はマイケル・パウエル。七〇ミリ・テクニカラー・テクニラマ。

1960年製作/109分/イギリス・スペイン合作
原題:Honeymoon
配給:昭映フィルム

ストーリー

イギリスのバレリーナ、アンナ(リュドミラ・チェリーナ)は、マネジャーのケリー(アンソニー・スティール)とスペインへハネムーンに出かけるが、田舎道でスペイン舞踊の名手アントニオを知った。マドリッドのアントニオのアトリエを訪ねたアンナの姿に、彼はすっかり惚れ込み、自分の相手役になってくれと頼む。アントニオはコンビのロジタといさかいを起こしているのだ。熱心に口説くアントニオを避けて、アンナとケリーはマドリッドを発つ。トレドではグレコの名画に魂を動かされ、南に下ってグラナダへ。ところが、ここでも公演に来たアントニオに出会う。ケリーが闘牛の飼育場見物に出かけた留守、アントニオはアンナを誘い出し、スペイン随一の名勝アルハンブラの宮殿へ案内する。サラセン文化の粋を集めた建築と庭園の中で、二人は思わず手を取り合って踊り始める。星空の下、壮大な岩窟を背景にアントニオ舞踊団の「恋は魔術師」の幕が開く。アントニオの妙技に恍惚となった客席のアンナ。幕切れに真紅のバラをアンナに投げるアントニオ。不機嫌にそのバラを奪う隣席のケリー。再び旅は続けられ、夜のホテルでアンナは高熱を出し、夢の中でアントニオとバレエ「テルエルの恋人たち」を踊る。マドリッドの病院へ入院したアンナが、夫の看護の甲斐あって全快した時、またもやアントニオにめぐり合う。外国での公演がきまったアントニオはうきうきしている。新婚の二人を襲った危機は去った。さよならスペイン!

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る