出撃命令

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

一九四一年九月、北阿戦線へガソリン輸送のイタリア海運駆逐艦スパルヴィエーレ号の決死的行為を描いた大戦秘録。新進のアントニオ・ムーズとマルク・アントニオ・ブラガディンの共同脚本によりムーズが監督した。撮影監督は「明日では遅すぎる」などのレナート・デル・フラーテ、音楽はカルロ・ルスティケリ。主演は「埋れた青春」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、「明日なき愛情」のガブリエレ・フェルゼッティ、「人間魚雷」のピエール・クレソワ、新人女優フィオレラ・マーリなど。イタリア海軍部隊も応援参加している。

あらすじ

一九四一年九月、イタリア海軍の駆逐艦スパルヴィエーレ号はラ・スペツィア軍港に帰投後休む暇もなくその夜、危機に陥った北アフリカ戦線へ燃料輸送の極秘命令を受けた。英軍の厳重警戒網を突破、地中海横断のこの困難な作戦にスパルヴィエーレ号は後続のオリオーネ号を従えて出航した。シシリー海峡にかかった艦は果して英国潜水艦の雷撃をうけ航行不能に陥った。難を免れたオリオーネ号が救助に近づいたが、スパルヴィエーレ号の艦長ブルーニ(ガブリエレ・フェルゼッティ)は寸秒を争う重大使命に前進を促した。しかしスパルヴィエーレ号も、艦長や副長ヴァリの必死の修理作業で機関が動き出した。乗組員の顔に安堵の微笑がわいた。が、それも束の間、潜水艦の報告で英艦が出動してきた。このまま逃げれば尊い生命と艦の運命は救われる。しかし艦長は自ら危機に飛込んだ。猛烈を極める英軍機の襲撃に艦長も戦死した。その代り激しい反撃にあった英艦もいつか姿を消した。スパルヴィエーレ号の指揮は副長のヴァリがとり、なおも使命達成に危険をおかして予定のコースを進んでいった。艦はようやくアフリカ海岸に接近、目ざすトブルク数理に迫った。ところが、ここでまたしても英艦と遭遇、わずかの戦闘の間にスパルヴィエーレ号の船体は火の海と化した。降伏せよとの英艦の信号に、ヴァリは乗組員をボートに乗せ、自らは一人残って艦とともに自沈した。天高く燃え上る火焔を化石のように茫然と見守るボート上の乗組員--その一人が奇蹟的に波間から拾いあげたスパルヴィエーレ号の航海日誌には、ただ「一四時六分、本艦沈没せり」と記されてあった。

1956年製作/イタリア
原題:Il Prezzo della Groria
配給:イタリフィルム=新外映

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る