殺意の瞬間(1984)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

横暴な父親に虐待される家族の忍従の日々を描く。製作はイザベル・ムーラとホセ・マリア・クニレス。監督はサンチャゴ・サン・ミュグエル。脚本はゴンザロ・ゴイコエッケア、撮影はホセ・ガルシア・ガリステオ、音楽はリカルド・ミラレスが担当。出演はアグスティン・ゴンザレスほか。

1984年製作/スペイン
原題:Crimen en Familia
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

建築業を営むイグナシオ・コスタ(アグスティン・ゴンザレス)は、家族に対して横暴の限りをつくしていた。底辺からはいあがった彼は、妻ヌリア(チャロ・ロペス)や子供たちが贅沢な生活になれていると怒りをぶつけ、毎日毎日彼らをいじめるのだった。脅迫状が届き、用心棒ロマンをやとって家にすまわせることにする。長女モンセの赤いドレスが淫売のようだと破り、彼に銃口を向けたザヴィエをベルトで打ちすえ、いやがるヌリアを無埋矢理ファックする。ついにヌリアは夫殺害を決意し、子供たちも協力することに。次男トマソが銃殺するはずだったが、彼には父を殺すことができなかった。子供の中で一人、父を理解しようと努めながらむくわれなかった次女マリアナ(クリスティーナ・マルシリャチ)が引き金をひいた。イグナシオの死はテロリストのためということになる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く