魔の獣人部落 マジアヌーダ

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人間文明は結局のところ、人間自らを単にロボット化したにすぎない。人間の本来とはむしろ未開民族にあるのではないだろうか。人間とは何か、というテーマの下、世界の原始的な集落を撮影した長編ドキュメント。製作・監督はアルフレッド&アンジェロ・カスティグリオーニ、グイド・ゲラシオの共同、脚本(台本)はイタリア文学者のアルベルト・モラヴィア、撮影はアルフレッド&アンジェロ・カスティグリオーニが各々担当。日本語版ナレーターは高島陽。

あらすじ

アフリカのディンカ族では血を吸う害虫より子供を守るため、父親は牛の小便で子供の体を洗ってやる。また、マンダリ族では牛のフンを粉にして体にこすりつけ、害虫より体を守るのである。さらには黄昏時にフンを焼き、その匂いの下、彼らは眠りについていく。/ヤノアマ族では蜘蛛、うじ虫の蒸し焼は最高のご馳走であり、死者の頭蓋骨を砕いて飲みほしてこそ、霊はむくわれる。/その他雌牛を交尾する男や、女性器に棒を入れ、悪魔払いをするなどの奇習、因習が続く。人間とは一体、何者なのだろうか?

1976年製作/イタリア
原題:Magia Nuda
配給:松竹=富士映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く