ローマの奴隷市場

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

史上有名なファビオラの物語をデュッチオ・テッサーリとステファノ・ストルッチが脚本化したものを、ドイツ映画会のヌンツィオ・マラソンマが監督した歴史劇。撮影担当はセチリオ・パニアガ。音楽はフランチェスコ・ラヴァニーノの担当。出演するのはロンダ・フレミングとその夫のラング・ジェフリーズなど。製作はパオロ・モッファ。

あらすじ

西暦300年。マクシミリアン皇帝時代のローマ。圧政に苦しむ人民は国法を犯してキリスト教に次々と帰依していった。秘密警察のコルビノは教徒を捕らえて迫害を続けていたが、信徒の数はますます増えていた。ローマ一の富豪の娘クローディア(ロンダ・フレミング)は奴隷のヴィデオ(ラング・ジェフリーズ)に心ひかれていたが彼がキリスト教徒と知って驚いた。ある夜ヴィデオたちに危機を知らそうと集会所へ駆けつけたクローディアはコルビノに捕らえられてしまった。しかし彼女はヴィデオの活躍でようやく牢獄を脱出し、皇帝に直訴して財産を取り返した。大競技場でキリスト教徒が大量虐殺される日、ヴィデオたちは地下道から競技場になだれ込んだ。しかしライオンに食い殺され、十字架にかけられ、教徒は次々と死んでいった。今はこれまで固く抱き合ったクローディアとヴィデオだったが、観衆の中から恩赦の叫びが上がり教徒たちの命は助けられた。

1961年製作/アメリカ
原題:Revolt of the Slaves
配給:ユナイテッド・アーチスツ映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る