恋愛留学生

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ショウほど素敵な商売はない」のフォエブ・エフロン、ヘンリー・エフロンの原作を「H氏のバケーション」のナナリー・ジョンソンが脚色、「H氏……」のヘンリー・コスターが製作・監督したロマンチック・コメディ。撮影はルシエン・バラード、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「H氏……」のジェームズ・スチュアート、「九月になれば」のサンドラ・ディー、新人フィリップ・フォルケ、モニカ・モーラン、「暗殺!5時12分」のロバート・モーリー、「ミンクの手ざわり」のオードリー・メドウズなど。

1963年製作/アメリカ
原題:Take her, She's mine
配給:20世紀フォックス

ストーリー

弁護士フランク(ジェームズ・スチュアート)には妻との間にモリー(サンドラ・ディー)という10代の娘がある。大学生活に入ったモリーはビート族の思想にかぶれるが、フランクは、心配になって彼女達の巣、あるインテリの経営する喫茶店に出向くが、そこが予想に反してインテリ向きのものであったのに驚いた。彼女らは学生運動のデモを行ったが、市長に解散を命じられた。フランクは市長の高圧的な態度に反溌を感じるが、そんなことから女生徒やモリーを慕う画家アンリー(フィリップ・フォルケ)たちの擁護者になった。だがフランクが警官に捕まったことが写真入りで新聞に出るし、モリーは退学させられた。家へ帰ったモリーはフランスの有名な美術学校へ入る奨学金を得た。アンリーの出したものだった。やがて「ライフ」に彼の描いたモリーの肖像画が載った。フランクは娘の恋人の存在を知ってパリに発った。やっとの思いで不慣れのパリでモリーに会うと、彼女はアンリーを愛していると言う。そして結婚したいのだが、フランクに対する誤解から、アンリーの母親が許さないのだという。パリで知り合った男とともに仮装舞踏会に行くが、そこでフランクはジェームズ・スチュアートと間違えられ、大騒動になってまた新聞種になった。フランクはアンリーの切なる望みをいれ、独りアメリカに帰って行った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る