離婚希望

劇場公開日 -

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「固唾を呑んで」に続いてアル・クリスチー氏が制作し、ビ・ディー・シー社から発売した第2回長編喜劇活劇で、原作はハーバート・ホール・ウィンスロウ氏とエミル・ナイトレイ氏合作になる舞台劇「君の妻は何をして居るね?」である。脚色はF・マッグルー・ウィリス氏、監督は「固唾を呑んで」と同じくスコット・シドニー氏で、主役は「アダムとエヴァ」「負けじ魂」主演のT・ロイ・バーンズ氏、「独身倶楽部」「結婚とは」等のハリー・マイヤース氏「燃ゆる砂」「ヤング・ラジャー」のワンダ・ホウリー嬢「バヴー」のシルヴィア・ブリーマー嬢「固唾を呑んで」のタリー・マーシャル氏、その他の人々である。

あらすじ

ジェリーはエディスと結婚したかったが彼女の父のリマーズ判事はジェリーが怠け者なのを知っていたのでなかなか許さず、もし彼が最近叔父から譲られた1万ドルを30日間失わずにいたら結婚を許してやると申し出した。ジェリーは5千ドルを石油株に、残りの5千ドルを土地に投資して終わったので仕方なく友達のスキナーの所へ相談に行った。スキナーは妻君のビートリスと結婚したばかりなのだが、祖父が2人の結婚を許さず、離婚しなければ財産を譲らぬと頑張っていた所なので、一計を案じ、ジェリーとビートリスとが怪しい仲であるように見せかけ、一度離婚した上で祖父から財産を貰い、再びスキナーとビートリスとが結婚する事にした。ジェリーはお礼に1万ドルくれるというので乗り気になったが、スキナーが祖父を連れて北時にいろいろの行き違いで計画がうまく行かず、散々の大騒動となったが、結局祖父はビートリスが気に入ってスキナーは離婚しないでも良い事になり、一方ジェリーも投資した金が何倍にもなって戻って来たので、無事エディスと結婚することが出来た。批評ー非常に面白い喜劇で、興行価値もある。(ウォールド誌シ・エス・スウエル氏)

1924年製作/アメリカ
原題:Reckless Romance

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る