陸軍のパール

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1916年に製作されたもので、パール・ホワイト嬢が「ポーリンの危難」「拳骨」「鉄の爪」に続いて主役を演じた軍事連続活劇である。「ポーリンの危難」及び「拳骨」の作者なるガイ・マッコンネル氏の原作を、「鉄の爪」の作者にて「護る影」の脚色者なるジョージ・B・サイツ氏が脚色し、「鉄の爪」の監督者エドワード・ホセ氏の監督のもとに製作されたもの。ホワイト嬢の相手は「護る影」でジェリー・カースンとラヴェンガーの2役に扮したラルフ・ケラード氏。その他「グローリア譚」でビリー・バーク嬢の父君ピアーポンド・スタッフォードに扮したウィリアム・T・カールトン氏がパールの父親デアー大佐に扮している。ホワイト嬢のパテー社に於ける連続映画はこれで全部我が国に上場された訳である。

1916年製作/アメリカ
原題:Pearl of the Army

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く