北国の巨人

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「猛虎の男」「溢るる熱涙」に続いて製作されたフランク・メイオ氏主演の活劇で、マルコム・スチュアート・ボイラン氏の原作を、活劇の名手ロバート・ソーンビー氏が監督したもので、メイオ氏の対手はクリスチー喜劇に居たドロシー・デヴォーア嬢。ニュース誌の批評は『カナダを背景とした劇は数多く見るが、これは平凡なものと違って、筋が珍しいばかりでなく劇中の人物の性格が自然で力強い点が多く、またキビキビした活劇が美しい雪景の中に展開される辺りはすこぶる面白い』と褒めている。

あらすじ

正直一途な猟師ヴィクトルは恋人イヴォンヌを後に残して3年を森の中で送った。彼が帰ってきた時イヴォンヌは既に他の男--しかも心良からぬ男と婚約の間であった。悪人は父を殺してその罪をヴィクトルにかぶせる。こうして活劇の幕は開かれるのである。そして終わりはもちろんイヴォンヌがヴィクトルの腕に帰るのである。

1921年製作/アメリカ
原題:The Magnificent Brute

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く