雷撃命令

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

かつて日本海軍が誇った巨艦空母信濃の沈没事件をモデルに、「千の顔を持つ男」のジョセフ・ペヴニーが監督した、潜水艦を舞台とする海戦ドラマ。「八十日間世界一周」を脚色したリチャード・セイルの原作を、セイル自身と「荒鷲の翼」のウィリアム・ウィスター・ヘインズが共同脚色、「偽将軍」のジョージ・フォルシーが撮影監督にあたった。主演するのは「偽将軍」のグレン・フォードと「悪人の土地」のアーネスト・ボーグナイン。他に「宇宙への冒険」のダイアン・ブルースターター、「偽将軍」のディーン・ジョーンズ等が出演する。製作エドモンド・グレインジャー。

1958年製作/アメリカ
原題:Torpedo Run
配給:MGM

ストーリー

真珠湾攻撃から数ヵ月後の1942年、太平洋で戦闘中の米潜水艦グレイ・フィッシュ号艦長バーニテ・ドイル中佐(グレン・フォード)の心は重かった。日本軍マニラ占領以来、基地に残した妻ジェーン・(ダイアン・ブルースターター)と3人の子供たちの消息が不明なのだ。副長アーチ・スローン大尉(アーネスト・ボーグナイン)以下の部下達の心も暗い。グレイ・フィッシュ号の目標は、日本軍が誇る超大型空母信竜だった。艦は目標を求めて駿河湾から東京湾に潜入、駆遂艦の攻撃や暴潜網、爆雷の集中攻撃などを突破して、めざす信竜を発見した。しかし作戦本部からの無電で、信竜は輸送船を楯に使っており、それにはマニラ近郊の収容所にいたアメリカ人が乗せられていることが判明した。ドイルの妻子も乗っているのだ。スローン副長の中止進言に歯をくいしばりながらも、ドイルは魚雷攻撃を命令した。火をふいて沈んだのは輸送船だった。海上に救いを求めるアメリカ人たちを、救助することは出来ない。激しい爆雷攻撃の中を、爆沈を偽装して艦は必死に脱出するのがせいいっぱいだった。妻子を殺したショックからドイルは三日三晩意識を失った。ハワイの基地で、司令部勤務をすすめられながら、ドイルは僚艦ブルーフィン号と再び宿敵信竜を求めてキスカに向かった。信竜はそこに巨体の碇を下していた。キスカ湾の警戒は厳重をきわめ、艦は潜望鏡を防材にひっかけて浸水した。その上爆雷の雨が海中にふりそそぎ、ついに艦は魚雷連続発射ののち海底に座礁した。必死のブルーフィン号による救助作業により、艦員達は辛うじて救けられた。湾内は砲火によって地獄と化していた。しかし、一路ハワイへと潜水するブルーフィン号の潜望鏡には、沈みゆく宿敵信竜の7万トンの巨体が、はっきりと確認された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第31回 アカデミー賞(1959年)

ノミネート

特殊効果賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る