野獣戦争のレビュー・感想・評価

メニュー

野獣戦争

劇場公開日 1973年4月14日
1件を表示 映画レビューを書く

シャフトと夜の捜査線の影響が明らか

ブラックプロイテーション
黒人向け映画
源流は1967年のシドニーポアチエ主演の夜の大捜査線
続編もでた
黒人が主人公として白人を向こうに回してカッコ良く描かれて大ヒットした
これが映画に於ける黒人市場の発見だったと思われる

1971年に、黒人スタッフだけで黒人しかでない映画スウィートスウィートバックが作られ、黒人が映画館に詰め掛けた
1972年のこのジャンルの金字塔スーパーフライの特典映像の中で関係者が口を揃えてこれが史上初のブラックエクスプロイテーションだと言う
何しろ黒人が金を払って黒人しかでない映画を観てるぞ!と黒人の映画関係者全員が仰天したと

これに刺激を受けて大手映画会社も黒人の映画撮れる奴にこういうのを作らせろということになり同年黒いジャガーシャフトが作られ、少し遅れて年明けにスーパーフライも公開され共に大ヒットした
前者はメンフィスはスタックスレーベンのアイザックヘイズ、後者はシカゴのカートムレーベルのカーティスメイフィールドが音楽を担当しサウンドトラックのレコードはどちらも売れに売れてヒットチャートの上位に長く居座った

この状況に黒人音楽業界の盟主を自認するモータウンが黙っている訳がない
そこで出遅れを取り返すべく、モータウンのトップ歌手マービンゲイを音楽に起用して撮られたのがこの1972年の野獣戦争

内容はNYのハーレムばかりだった舞台をLAに移した私立探偵と犯罪組織のボスとの闘いで構造はシャフトと変わらない
主演男優はシドニーポアチエに似ている
衣装も夜の大捜査線で黒人主人公バージル刑事のようにパリッとしてオシャレ
映像もどこかブリットを思わせるようなカメラでカッコ良く撮れている
筋自体は大したことは無い
マービンゲイの有名な主題歌は映画冒頭に流れる程度で期待したほど彼の歌が聴けるわけでも無い
しかしソウルミュージック好きな方はいちどは観ても損はないと思う

ブラックエクスプロイテーションは
この年ボビーウーマックを音楽に起用した110番交差点もヒットして益々盛り上がっていく
そしてこのブラックエクスプロイテーションの女王パムグリーア主演のコフィ、フォクシーブラウンの誕生に繋がっていく

あき240
あき240さん / 2018年6月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi