街の野獣(1932)

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「無冠の帝王」「鉄青年」の原作者たるW・Rバーネットが書卸した物語に基づいてジョン・リー・メインが脚色した台詞をつけ「緑の処女地」「肉体の叫び」のチャールズ・ブレイビンが監督し、「陽気なママさん」「結婚双紙」のノルベール・プロジンが撮影した。主役は「北海の漁火」「支配する声」主演のウォルター・ヒューストンが勤め、「秘密の6」「鉄青年」のジーン・ハーロウ、新進ウォーレンス・オード、「パリの魔人」「大西洋横断」のジーン・ハーショルトが主演するほかドロシー・ピーターソン、タリー・マーシャル、ジョン・ミルジャン、ワーナー・リッチモンド等が助演している。

1932年製作/アメリカ
原題:The Beast of The City

ストーリー

四名のギャングが殺害されたとの警察当局のラジオ放送は市民を驚かせた。ファイティング・フィッツの異名を持つ辣腕家ジム・フィッツパトリック警部はギャングの親分ベルモントがこの事件を操っていることを知り、彼の濫行を黙過するは市を破滅させるに等しいとなし逮捕すべく決心する。しかし偽検事や、法を悪用してギャングを擁護する者が現れるので警察は気が気ではない。ジム警部の弟エドは掲示で覇気のある男であるが酒に女に夢中になる質であった。これを知ったベルモントは金髪の美女デイジーに命じ彼を籠落し、遂にギャングの手先にすることに成功した。やがて新しく署長に就任したジムは大々的に手入れを決行することになり、市の 犯罪撲滅運動者は彼を激励したが、ともすれば彼の計画は延々として進まなかった。市の有力な銀行が移管することになりエドは警護を命ぜられた。ギャングはエドを買収して彼をノックアウトすることを承諾させる。エドは財宝を積んだトラックを奪い去らんとしたがジム署長の忠実な掲示等が抗争したので猛烈な市街戦が演ぜられた。このために多くの自動の生命を奪う悲惨事まで惹起したがギャング一味は逮捕せられた。エドも連累者として捕らわれジムは涙をふるって弟を裁判に附さねばならなかった。しかしベルモントの好手段が功を奏しギャング一味は釈放された。ジムは近く自分が職を去らねばならぬことを知って是非とも自分が在任中彼らを一掃せねばならぬと堅く決心し、自ら十二名の掲示を指揮してベルモントの本部を襲った。悪夢から覚めた弟のエドは警察と協力してギャングの一掃に務め、遂に悪漢等を根絶せしめたが警察の犠牲も大きかった。しかしその導き犠牲により市民はギャングの毒牙から救われたのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る