南海の恋

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フレデリック・ハットン、ファニー・ハットンの同作を、ハリスン・ジョゼフスが脚色し、デイヴィッド・ソロモンが監督した。「ジャッキー」「曲馬団のシャーリー」等主演のシャーリー・メイスンが主役を演じている。対手役はJ・フランク・グレンドン。

1923年製作/アメリカ
原題:South Sea Love

ストーリー

船長の娘ドロレスはフィジー群島スーヴァの近くに農園を経営しているイギリス人ジョン・ウィルトンと、父の船長をしている船上に会う。暴風雨の夜、負傷をして死に行く船長は娘の身をウィルトンに託した。しかし彼にはヨーロッパに残した妻があった。これを知ったドロレスは、彼のもとを去ってトウラという港町のカフェに踊り子となった。妻の死去の報知を受けたウィルトンはドロレスを訪ねてきて結婚を申し込むが、彼女はこれを退ける。しかし父の部下の船員達がウィルトンを船上で絞殺しようとした時、ドロレスは駆けつけてきて彼を救う。熱帯の輝く星の下に、情熱の乙女ドロレスの恋は、かくて美しい実を結んだのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く