純朴なる同胞

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「除隊の後」「益々順調」などと同じくキング・ヴィダー自作監督のロバートスン・コール映画で、同氏夫人フローレンス・ヴィダー、主演チャールズ・メレディス、ザス・ピッツ共演であることは「除隊の後」と同じである。この自作監督映画は此後ファースト・ナショナル社で発売した「涙の船唄」もすでに発売されたがどれもいわゆる人間愛に満ちた物として好評であるから本映画もファンには待たれることである。

1919年製作/アメリカ
原題:Poor Relation

ストーリー

ドロシー・パーキンスは純朴な田舎に育った潔い乙女であった。彼女は併し社交も上手であるし製図の才能があったのでやがて憧れの都へ出てある建築事務所に入り大変に成功を博した。その後まもなく彼女はモント・ローズという男と結婚したが夫は貴族的な自分の家族の格式などをこの上なく誇りとしているのであった。彼女の故郷から都慣れぬ純朴な親類達が訪れて来た時、その田舎者丸出しの諸事は貴族的なモントにとっては驚愕ともいうべきもので、その等が原因で彼は故もなく妻ドロシーに辛くあたるようになった。遂に彼女は故郷の地に帰ってしまった。昔に変わらぬ温い単純な人々の情愛と、美しい自然の懐ろに抱かれて、彼女の悲しい心も故郷にあれば慰められることも多かったが、一方妻に去られて始めて夫モントは妻の純真な気持ちや素朴な田舎人達の徳がしみじみと解ったのであった。そしてすべては再び幸福なその日に立ち返ったのである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く