砂漠の盗賊王子

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アラビアン・ナイトの挿話から「アリババと四十人の盗賊」のエドモンド・L・ハートマンがストーリーを書き、彼とオスカー・ブロドニーが脚色、ヴァージル・ヴォーゲルが監督したファンタジックなアクション映画。撮影はウィリアム・マーギュリース、音楽はフランク・スキナーが担当した。出演は「若さでブッ飛ばせ!」のピーター・マン、新人ジョスリン・レーン、「向う見ずの男」のギャビン・マクロードほか。製作はハワード・クリスティ。

1964年製作/アメリカ
原題:The Sword of Ali Baba
配給:ユニヴァーサル

ストーリー

蒙古の大軍が中近東で猛威をふるっていた16世紀頃、バグダッドの大守ハッサンは側近カシムの裏切りが原因で、フラグ汗のため部族と共に滅ぼされた。ただひとり生き残った王子(ピーター・マン)は盗賊団に助けられ、長じてアリ・ババと名のり一団の後継者と目されるようになった。蒙古軍の圧政に抵抗するアリ・ババの名は砂漠一帯に広まり、フラグ汗は彼の首に賞金をかけて執拗にあとを追った。偵察に行ったアリ・ババは花嫁が、かつての自分の許嫁者でカシム公の娘、アマラ姫(ジョスリン・レーン)だったので驚いた。その夜、彼女に会いに行ったアリ・ババは隠れていた蒙古軍に捕えられた。処刑される寸前、盗賊団が乱入し、アリ・ババを救出して去った。隠れ家に帰る途中、盗賊団の首領は倒れ、アリ・ババは名実共に一団のリーダーとなった。一方アマラ姫は、フラグ汗から拷問を受ける父を見て、アリ・ババをあきらめ、フラグ汗と結婚することにした。式の当日、アリ・ババは40の水がめに部下を忍ばせ、貢物に見せ掛け蒙古軍の城内に侵入した。はげしい戦闘の末、蒙古軍は全滅した。バクダットの空に、国旗が高々とひるがえる下で、亡き大守ハッサンの王子アリ・ババとアマラ姫は人民の熱狂的な祝福を受けた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る