結婚の市

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ジョージ・キッブ・ターナー氏の原作をロイス・ゼルナー氏が脚色し、「影に怖えて」「天空征服」等と同じくトム・フォーマン氏が監督した。主役は「征服されし女」「妻を信ぜよ」等主演のキャサリン・マクドナルド嬢で、対手は「倫敦への道」「風雲のゼンダ城」等出演のブライアント・ウォッシュバーン氏、それに監督のフォーマン氏も一役を承っている。貧窮に臨んだ母が美しき娘を金持ちに結婚させようとする事から起きる悲劇を扱っている。

1922年製作/アメリカ
原題:White Shoulders

ストーリー

ヴァージニア・ピットマンの母は彼女に富める夫を選んで、財政上の危機から逃れようと計ったが、1人の富める求婚者がヴァージニアを謗るような言葉を弄したので、之を聞いて怒った彼女の兄ロバートは彼を射殺してしまった。母はヴァージニアを他の町へ連れて行って富豪の独身者を捜しているうち、ヴァージニアはコール・ホーキンスと云う競争自動車の選手と恋に陥った。2人の婚約が発表されて後にコールは実に莫大な富の所有者で、道楽で自動車の選手と成ったと判り、万事芽出度く解決した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く