源氏物語 千年の謎のレビュー・感想・評価

源氏物語 千年の謎

劇場公開日 2011年12月10日
25件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

美しい、高校生の源氏物語学習入門に良さそう

当時付き合ってた彼女が、生田斗真さんがカッコいいから観たい!と言うので観に行きました笑
期待を裏切らず生田斗真さんはカッコ良かったです。また、古文で勉強したような平安時代を美しい映像で観ることができたことに満足。古文嫌いな高校生が漫画などとともに源氏物語入門にすると、良さそうだなと思っています。

kepon
keponさん / 2017年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画派です。

昔、これが映画になる前に出版された、
3巻ほどの漫画を読み、虜になりました。

当時絶対見に行こうと思っていましたが、
なかなか時間を見つけられず、
今になって思い立ち、借りに行ったしだいです。

ですが、やはり難しく静かなシーンが多い分、
漫画の方が飽きを感じずに見られたように感じました。
映画の方も最後まで謎に満ちた哀れな女紫式部に、
可憐で哀れな光源氏だったので、
そこに関してはとてもいいと思います。

Re
Reさん / 2017年10月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局紫式部はどう生きたのだろうか

総合:60点 ( ストーリー:60点|キャスト:65点|演出:65点|ビジュアル:80点|音楽:70点 )

 源氏物語の話を絡めながら、実は作者の紫式部を描くという設定は面白いと思う。有名女優が多数出演するし、衣装と美術も豪華。
 だけどあまり楽しめなかった。演技と演出がわざとらしすぎてはまれなかったし、源氏物語と紫式部の二つの話の関連がそれほど強くなくて上手く融合出来ていないし、すっきりと完結出来ていないように感じた。地上波の放送だったので作品が短縮されすぎているのも良くなかったが、さりとてDVDで見直そうと思うほどの出来でもない。

Cape God
Cape Godさん / 2016年2月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しい

内容把握はだいたいしている上、古語単も簡単なものばかりだったので見難いこともなかった。

ことね
ことねさん / 2015年11月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆3.0 生田斗真が美しい!田中麗奈が本気で怖い(笑)東山紀之の藤...

☆3.0
生田斗真が美しい!田中麗奈が本気で怖い(笑)東山紀之の藤原道長も最高。
日本史は江戸や戦国より奈良平安あたりのほうが個人的に謎が多くてゾクゾクして好きなので、これは是非見たかった。

史実と違うとこもあるんだろうけど、映像綺麗だし、なかなか面白かった。「源氏物語」だけでなく、現実(紫式部の周囲のいざこざ)まで描いてるのが当時の背景とかも憶測できて面白い。
けっこう楽しめたけど評価低いなぁ(汗)

李
さん / 2015年8月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

源氏物語の内容を知らないと理解できない話だと思う。俳優さん達の演技...

源氏物語の内容を知らないと理解できない話だと思う。俳優さん達の演技は良い。窪塚洋介ひさびさにみたわ〜

ぬし
ぬしさん / 2015年5月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

長くて...

長いなあって思いながら観ました。
なんか女性キャストが素敵だなあって感じなかったので
なんだかつまらなかったです。

タテスジコ
タテスジコさん / 2014年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  知的 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素材は実写よりもアニメ向き

源氏物語をベースに、源氏物語そのもののストーリーと、紫式部と藤原道長をめぐる創作ストーリーを絡めつつ、同時並行的に物語が進行していく。さて、制作者は本作で何をしたかったのか、サッパリ理解できない……などと思いながら見ていたら、終盤には紫式部を六条御息所とリンクさせ、さらに安倍晴明まで登場させてホラー仕立てになっていく展開に。
こんな構成なら、アニメにした方が面白く出来たのではないか。

いまや邦画界で絶対的な業界トップを突っ走る東宝が「源氏物語」を掲げたので、源氏物語絵巻を堪能できると期待したが、三流小説レベルの妄想の世界にゲンナリした。紫式部と道長の恋愛関係を創作したフィクションは特別に新しいものではないが、もう少し何とかならなかったのか。何より脚本構成がお粗末だが、それ以外にも酷い。セットの撮影も、今どきの東宝でこれほど箱庭的な映像しか撮れないのは、相当に予算がないのかやる気がないのか。

東映が2001年に制作した『千年の恋 ひかる源氏物語』も酷かったが、今の邦画界には「源氏物語」に現代的解釈を加えて、正面から描ききるだけの力量はないのだろうか。もちろん、超長編の物語なので、1作目からシリーズ化を視野に入れて壮大なスケールで描いて欲しいのだが……。

女優陣も、あまり誉められたものではなかった。真木よう子は好きな女優ではあるが、桐壺/藤壺を演じるようなタイプではないし、そんなイメージを覆すような演出にもなってなければ、本人の演技も殻を破ったとはおよそ言えるものではない。多部未華子の葵もイメージとは違うが、何よりも六条御息所を演じた田中麗奈をキャスティングするセンスを疑う。

CRAFT BOX
CRAFT BOXさん / 2014年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

こんなんだったのか…

そもそも源氏物語ではないのか…
まさか現実と物語を行ったり来たりする感じまとは思ってなかった

それにしても
窪塚洋介の棒読み感と、あの魔法の力が使える感じはよく分からん。あんなモロCGなマジック風演出いりますか…?
葉っぱから出てくる女の人とか何なんだあれ。

生霊になった田中麗奈はまだいいかな、と思ったけど もはやホラーでした。何だこれ。ホラーが長すぎて馬鹿馬鹿しく思えてきました。

あと真木よう子も綺麗なんだけどこういう役は向いていない気が。

生田斗真の演技が好きなのでやっと借りて見てみましたが、生田斗真の演技どうこうの前に気になる点がありすぎました…

期待が過ぎましたかね…
源氏物語を詳しいところまでよく知っていると物足りないと思います。

映像は綺麗でした。

リサ
リサさん / 2014年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

平安時代に行ったような気分になれますが、面白いかどうかは微妙。

公開された次の年のお正月に見に行きました。

封切からかなりたっていましたが、お正月なのでけっこう観客は入っていました。

観客は、ほぼ全員女性で、それもあまり若くない感じの方。

おじさんとしては、何か間違えたか?と一瞬思いましたが、入ってしまったものはしょうがないので見ました。

原作は知らないし、原作の原作(源氏物語)も知らないのですが、内容的にはエロと怨念みたいなものがテーマで、面白く見せるためか、それに陰陽師を絡めたものでした。

ソフトな、濡れ場っぽくない濡れ場が多く、けっこうエロい作品だと思います。

多部美華子さん目当てで、行ったのですが、衣装その他は似合っていたけど、光源氏に絡む女性の中では、一人だけ濡れ場なしで、ちょっとしか出なかった。

濡れ場的に一番よかったのは、最初のところの中谷美紀さんかな?ここはかなり気合が入っていて、表情がエロかった。

全体的によかったのは、田中麗奈さんです。顔は一番この時代に合っているし、けっこう怖い女性の役なのだけれど、個人的に怖い女性は好きなのでよかった。

一番おいしい役なのは、真木よう子さんだと思うけど、この人、顔が現代風だからあまり平安時代に合ってないし、自分的には「モテキ」みたいなワイルドなイメージが強く、今一つだった。

おじさんとしては、濡れ場のところを、もっとねちっこく、丁寧にやってほしかったけれど、それをやったら、別の種類の映画になってしまうかも?

映像はなかなかキレイだし、平安時代に行ったみたいな気分になれたけど、面白いかどうかは微妙です。

Push6700
Push6700さん / 2014年6月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「千年の恋 ひかる源氏物語」の再来…

良かったのは豪華絢爛な美術・衣装と、美人女優陣の共演くらい。

歴史的珍作「千年の恋 ひかる源氏物語」を思わせる退屈極まりないストーリー。

他、何も言う事ナシ。

近大
近大さん / 2013年7月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

駄目だこりゃ(・ω・) ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

そもそもなぜ今『源氏物語』を映画化する意味が???

過去に何回も映画にもドラマにもなってんだろうに(^_^;)

そして副題の「千年の謎」って一体何だ????

なぜ紫式部が源氏物語を書いたのか?ってことか?????

まあそれはこっちに置いといて( ・∀・)つ

まず冒頭からして唐突過ぎるΣ(゚Д゚ノ)ノ

夜に散策をしていた紫式部をいきなり襲う藤原道長。

そして一通り青姦が済んだら「私のために物語を書け」・・・( ゚Д゚)ハァ?

それで書き始めるわけであるが、これが件の『源氏物語』。

道長は孫が生まれて大層幸福そう。

つまりそれに対するあてつけってわけかい。

これが千年の謎の正体か???

大層な理由だことヽ(`Д´)ノプンプン

そこからの流れがま~~~~退屈なこと(;´Д`)

それで中盤あたりで、なぜか再び襲おうとする道長(;・∀・)

しかもなぜか分からんが能面みたいなのを被って(笑)

コントみたいで吹き出しちまったキャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン

さらに物語は進んでいき、光源氏の女性遍歴が次々と。

挙句の果てには義理の母親の藤壺にまで手を出して子供を身ごもらせてしまう(;´∀`)

まあこれは原作通りではあるんだが・・・

途中現実と物語の世界が交差するのには工エエェェ(´д`)ェェエエ工

でも田中麗奈の生霊のシーンはホラー映画のタッチで結構良かった(・∀・)イイ!!

窪塚洋介の阿部清明もかなり(゚д゚)イーヨイイヨー

悪霊退治のシーンもそうだけど、道長との対話シーンでは結構わくわくした(゚∀゚)

ただ清明が物語の中に入り込んだのはなぜだ??(;・∀・)

良かったのはこのシーンだけです(゚д゚)

そしてエンドロールが流れてる時に映像に出る光源氏の舞のシーンだけど・・・

何度も何度も袖を返しては戻し返しては戻し・・・これ練習風景か?と見まがうくらいの退屈さ(;´д`)=3トホホ・・

それがやたら長えし。

窪塚と田中麗奈のシーン以外は全然駄目!乂(´Д`;)

初台験
初台験さん / 2012年3月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「千年の謎」がタイトルに入ってますもんね

紫式部が描いた小説『源氏物語』の内容がどのように表現されているかという期待・想像で見に行くとあっけにとられてしまうでしょう

たかひろん
たかひろんさん / 2012年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

源氏物語を書いた紫式部 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

絢爛豪華な衣装。平安の世に権力を得んがため、藤原氏が紫式部に書かせた物語を物語と紫式部の様子をリンクしている。その為、源氏物語の登場人物が少ない。要するに六条の御息所の怨念の世界が主体に見られる。確かに光源氏はその罪ゆえに六条の御息所を許している。結局は紫式部が六条の御息所ではなかったのかと思わせられる。そして二人とも都を去っていく。

未散
未散さん / 2012年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しいが・・・

全体的にはとても色鮮やかな映画で綺麗でした。

私的な感想ですが、
もっと古典的な映画かなと思えば、
奇妙なアクション的な場面が・・・
私の期待が大きかっただけにショックでした。

これから観る方には、
源氏物語と作者の紫式部の大まかな流れを
知ったうえで、行かれることをお勧め致します。

にこにこ
にこにこさん / 2012年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色と恐怖の女の性 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何時の時代も色物語はつきものだが、道を誤ると鬼になり人の心の闇をえぐる
紫式部のその心の闇を見事に映し出してました
田中麗奈と多部美華子の対照的な女の性が見所です

カラカラ王子
カラカラ王子さん / 2011年12月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

妖艶、絢爛豪華な世界でした

紫式部と藤原道長の出逢い。なんとも美しく艶かしく、作品の雰囲気を決めたように思います。源氏物語の世界にいざなってくれます。
絢爛豪華に浸るのもいいかな、くらいの気持ちで観ましたが、四季の移ろい、衣擦れの音、美しい作品でした。

キャストは豪華で、よく合っていたと思います。
東山紀之は軽やかで妖しく、中谷美紀は気高く麗しい、さすがでした。
六条御息所を演じた田中麗奈、可愛い麗奈ちゃんと思っていたらすっかり大人の女優さん、見入ってしまいました。凄かった、怖かったです。
意外に思っていた多部未華子の葵の上、とても良かったです。ああ、葵の上って、こんなに不器用で可愛い姫だったんだな。これまで私が接した源氏物語の中で、一番しっくりくる葵の上でした。

グッドラック
グッドラックさん / 2011年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華で怖い平安絵巻。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

源氏物語といえば、今まで何度もドラマ化・映画化されている。
確か今作で道長を演じているヒガシも演ったことあったよな~
と思ったら、過去にTVドラマの方だった。
いや、おそらくヒガシの光源氏の方が源氏っぽかった気がする。
今作でも独特の存在感を顕わし、平安絵巻にいそうなタイプ^^;
紫式部の中谷美紀と合わせて、二人の演技には問題なし…かと。
で、源氏役の生田斗真くん。
いや~可愛いのカッコいいのキレイだのと、ホントこういう役が
よく似合う(こないだも中年相手に頑張っていたもんね^^;)青年、
演技も悪くはないんだけど、、如何せん平安時代の顔じゃないわ。
どう見つくろっても現代顔、しかもジャニーズアイドルまっしぐら系。
う~ん…でもまぁ、時代が違うんですもん、仕方ないかぁそれは。
そんなこと言ってたら、藤壺の真木よう子はどうなんだ?(爆)って
話になっちゃいますから^^;うん、いいんだ、これで。角川映画だし。

納得させながら観る時代劇、っていうのもまた珍しいんだけど^^;
映像は大変豪華、こんなにお花畑でいいの!?(爆)というくらい、
冒頭から魅せるわ魅せるわ、豪華絢爛な歴史絵巻映像が楽しめる。
全体にまったり、のったり、と物語は展開。
私的にそれほど源氏物語に造詣が深くないので、だいたいの粗筋、
あぁ、なんか端折られたシーンも多いけど、こんな感じだったかな、
という程度で、特に感動するようなドラマシーンは皆無だった。
光が藤壺への想いを断ち切れず、次々と逢瀬を重ねる様は哀れで、
しかしあまりに美しい光にやられてしまった女ども^^;もまた哀れなり、
田中麗奈の生き霊にはどうしようか!と思うくらい(汗)怖かった~。
もう悪いんだけど^^;しばらく彼女を観る度に思い出してしまいそうだ。
何これ、化け物映画だったの!?とまで思うほど長かった^^;

さて。。。
最もミスキャストかと思われるのが、申し訳ないんだけど安倍晴明。
ぜんっぜん、合ってないと思うんだけど(窪塚くん)、如何なものか…。
存在云々よりあの演技はないだろう。東儀秀樹ですら演技したのに^^;
執拗なまでに自分の演技を見せた(爆)佐久間良子もどうかと思ったが、
(でも確かに上手いから文句言えないんだけど^^;)
だんだん納得できなくなってきてしまった後半戦だった。
愛憎だけは存分に絡み合い、光をはじめ、物語上で多くが苦しむ展開、
書きながら最も苦しんだのが鬼と化す寸前だった紫式部自身だったと
いうオチ、昔も今も男女の愛憎って、怖いですわね^^;いや、ホントに…

(ローラースケート履いてたGENJIが懐かしい。これまた異世界だけど)

ハチコ
ハチコさん / 2011年12月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

期待を若干裏切られた感 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

紫式部のかいた源氏物語が好きな私としては、とりあえず『何故紫の上すらでてこない?!』とビックリしました。
いや、最初から道長と紫式部の物語だとは知ってたけどね。でも、それでも題名が『源氏物語』なんだからちょっと期待しちゃうじゃないですか。
俳優女優の演技は良かったと思う´`
セットもかなり豪華^^*昔の暮らしも少しわかるようになります。
ただ、やっぱり、変に源氏物語を省略したり変えたりしないで欲しかったな。なんかもの足りない。

優花
優花さん / 2011年12月21日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

六条の御息所が見事 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ことを田中さんがよかった。まだ若すぎるのではないかと思いましたが、
美しく、気高く、教養深い正に貴婦人。後半の怨霊になったときの迫力はさすが。気づいたときの後悔と当惑。
源氏の君の端正な佇まい、葵の上のかわいらしさ。
桐壺帝の存在感も大きかった。
こんなに色っぽい藤壺は誰かと思ったら、真木さんでした。
桐壺の時は10代の少女に見えます。身ごもってからは母の迫力を感じます。
源氏との逢瀬は誘ってるようではありませんか。
千年の謎部分はすっきりしません。
知ってる人には
ここが違う!とつっこみたくなるところがいくつか。
藤壺と葵の上の出産順が逆。
道長が「この世をば、」と読んだのは四女が后になったとき
など。
衣装はきれいでしたし、細かいことを気にしなければもっと楽しめると思います。

瑠璃3
瑠璃3さん / 2011年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

25件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報