機動戦士ガンダムUC episode2「赤い彗星」のレビュー・感想・評価

機動戦士ガンダムUC episode2「赤い彗星」

劇場公開日 2010年10月30日
8件を表示 映画レビューを書く

肉弾戦の衝撃でゲロ吐いて失神するバナージ可愛い

フルフロンタル≒シャア 私は器と受け止めている。
MSシナンジュ
政治的な話に
バナージ君、君にはまだ学ぶべきことがまだ沢山ある。

eli
eliさん / 2017年3月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まとめて評価したので1作目と同じ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

富野節とは違う聞きやすい、それでいて深い語りが各インテリキャラから出てきて、ガンダムらしい濃厚なストーリーです。
全体を通じて人の死や恋愛で心情が揺れ動く様子が、けれん見なく表現されてるので、一気見してもしんどさが無いです。

見やすさという点ではアニメーションも優秀です。
1話目の主人公たちをマリーダが追いかけるシーンだけで、この作品は観るに値すると感じました。
あれだけでマリーダの能力、立場、キャラが伝わるんですよね。

特に宇宙移民を「参政権の剥奪」と捉えるのは面白いです。

小説を読んだ人からすると詰め込みすぎだそうですが、ダラダラせずしっかりした話になってるように見えました。

ジンクス
ジンクスさん / 2017年3月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仮面の男はいつもイケメン

池田さんの声はいつ聞いても素敵ですね。
声も風貌もセリフもそのままに、、、フル・フロンタルこいつは一体何者なのか?!
さすがにシャア本人ではないと思いますがクローンか何かなんでしょう。

ファーストのオマージュ?っていうのかなこういうのは?
時間軸的に同じ物語の延長線の話だからオマージュというのは少し違うのかもしれないがファースト要素が色濃く出ていてワクワクが止まりません(笑)

こうなってくるとアムロもなんらかの形で出て欲しいですね。

ガブ
ガブさん / 2015年2月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ファーストガンダムのオマージュ

ファーストガンダムのオマージュが効いており、見ていてニヤリとする場面が多い。全体的に質が高く今後が期待される作品。

もと
もとさん / 2014年4月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

正しいこととは何か

2章は両サイドの視点があり、主にジオン残党の視点が中心。
何と言っても一番の見所はシャアの再来と言われるフル・フロンタルの登場。
戦闘シーンでも1stガンダムのオマージュなどが見られ旧作ファンにも嬉しい演出がある。
今作のラストもいいところで終わるので続きが気になる

pose0101
pose0101さん / 2014年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

赤い人 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

赤い人を楽しまないと

3点な作品。

いよいよMS戦です。

圧倒的クオリティでの描写は

ファンそして、ファンだった人を楽しませるのに充分な内容。

やっぱり、小説版で

詳細は知って欲しいと思ってしまいますが、

割り切らないと完結しませんからね。

ここからが本番です。

bz9999
bz9999さん / 2011年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イイ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作を先に読んで、アニメを後に観ることになってしまった友人のススメで、敢えてアニメを先に観て、それから原作を読んでいるのですが、そのほうがいい気がします。

今作は、宇宙世紀の始まりから描かれ、この世界で多大な影響をあたえている企業「
アナハイム・エレクトロニクス」の裏事情まで語られ、宇宙世紀ガンダム好きには堪らないシリーズといえると思います。
そこで、エピソード2では「赤い彗星」のタイトル・・・とてもイイですね☆
早くエピソード3が観たいです!

yurimo
yurimoさん / 2010年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仮面の男フロンタルは、前の戦争で行方不明となった〈赤い彗星〉シャアなのか?

ファーストガンダム、Z(ゼーダ)シリーズのその後の物語。
エピソード1は、登場人物紹介と主人公が新しいガンダムと出会い、起動するまで…で物足りなさを感じたが、エピソード2は、かなり面白かった。次回のエピソード3にも期待できる。
ちなみに冒頭にエピソード1のダイジェスト版が流れるので、エピソード2から見ても何とかなります。

ファーストでは、コロニー落としをした悪の軍事国家ジオンと、それと戦う連邦軍と善悪明確だったのだが、Z(ゼーダ)以降はどちらの側に正義があるのか混沌としてきた。
UC(ユニコーン)でも、地球連邦の体制にテロ攻撃を仕掛けるネオジオンの残党〈袖付き〉が登場するが、9・11後の世界を反映するように、テロをする側の正義も描かれる。

〈袖付き〉を統率するのが、仮面の男フロンタル。エピソード2のサブタイトルになってる「赤い彗星」こと、シャアの再来と恐れられ、やはり赤いモビルスーツを操り、たった一機で連邦の巡洋艦を無力化する。
声を演じるのは、シャアと同じ池田秀一さん。フロンタルは、前の戦争で行方不明となったシャアなのか?

主人公のバナージは、コロニーの1つ〈インダストリアル7〉で工業専門校に通う学生。このコロニーでビスト財団と〈袖付き〉が、秘密の取り引きを行う。連邦を脅かすその取り引きを阻止しようと、連邦軍が介入し戦端が開かれる。

コロニーが破壊され、バナージたち学生が戦争の残酷さを目の当たりにするところなど、ファーストガンダムと重なるところも多い。
バナージは、空から落ちてきた少女オードリーを救ったことで(ラピュタやマクロスのオマージュか)この戦いに巻き込まれていく…。

謎の少女オードリー、その名はオードリー・ヘップバーンからとってるとおもわれるが、エピソード1からバレバレだったのですが、かつて傀儡とされたこともあるジオンのザビ家の血筋ミネバ様。
美しく成長した彼女は、周りの思惑とは別に、自らの意志で無謀な行動をする。
ザビ家のミネバを中傷し、利用しようとする大人たちの中で、普通の女の子としてオードリーを守ろうとするバナージの子どもの正義。
その健気な思いがユニコーンガンダムを動かす。

aotokage
aotokageさん / 2010年11月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi