劇場公開日 2010年9月11日

  • 予告編を見る

ベンダ・ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡のレビュー・感想・評価

4.05
14%
86%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

4.0本物のストリートミュージシャン

kossyさん
2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 路上生活を続ける障害者のミュージシャン、スタッフ・ベンダ・ビリリ。ギタリストのリッキーが中心となって同じく障害者である仲間とともにストリートミュージシャン。歌の内容は、彼らの生活を素直に歌ったもの。この歌詞がストレートで彼らの生き様が伝わってくるのだ。ライブで見たりすると意味もわからないかもしれないが、情熱だけは伝わってきそうだ。障害ということに対してはそれほど気にしてないようだけど、路上生活を強いられるコンゴの社会をそれとなく批判している。

 映画のスタッフが空き缶に弦を張っただけの手作りの楽器で演奏する少年ロジェを彼らに引き合わせ、すぐに気に入ったリッキーはメンバーに参加させ、そのまま続けることになった。頓挫はしたものの、アルバムを完成させ、ヨーロッパでCD発売。そしてヨーロッパでのツアーを大成功させる過程を描いている。最初は音もこじんまりしていたが、やがて迫力あるバンドに様変わりしていくところも見どころ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0あれから世の中は変わったのか?彼ら程変われなかった

2011年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンコラン

4.0身体があって、情熱があればそこに音楽が生まれる。

2010年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

幸せ

以下twitter(@skydog_gang)への投稿よりコピぺ――

この映画が素晴らしいのは、全編を通し、舞台となるコンゴ民主共和国の貧困問題やバンドメンバーの身体障害にほぼ全く触れない点。「社会派・泣ける」という評価を容易に得られただろうテーマだが、作り手はそれを良しとしなかった。

映画が映し出すのは、只ひたすらスタッフ・ベンダ・ビリリというバンドと、彼らの音楽への情熱のみ。この志の高さに心からの賛辞を贈らずにはいられない。

身体があって、情熱があればそこに音楽が生まれる。当たり前の事を、当たり前に描いた傑作!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cross yuki

4.0ファンク!ファンク!ファンク!

2010年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

音楽が素晴らしい!
アフリカンミュージックといってもコンゴの音楽はルンバの影響を受けているらしく、
すっごくファンク!!
特にストリートチルドレンだったロジェの歌は本当に身震いするほど!

リーダーのパパ・リッキーの懐の深さ、信念にも脱帽します。

2010年10月に日本公演があるらしいので、ぜひそちらにも行ってみたいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トド子☆

3.5屈強な魂で、外側を剥ぎ取れ!

ikuradonさん
2010年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「ベンダ・ビリリ」とは「外側を剥ぎ取れ=内面を見よ」の意。

コンゴの首都キンシャサで、車椅子のストリート・ミュージシャンたちが吼える。
彼らは辛い現実をサバイブするため、いつまでも笑顔とボロ楽器で演奏を続ける。
音楽って、本当に神様が人間に与えてくれたギフトのひとつなのだと思う。

人間のあるべき姿って、みっともなくてもひたすら幸せへの道を模索する、そういうことなんだよなって再確認。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ikuradon
「ベンダ・ビリリ! もう一つのキンシャサの奇跡」の作品トップへ