「傷と癒し」永遠の僕たち ヒポリタさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「永遠の僕たち」 > レビュー > ヒポリタさんのレビュー
メニュー

永遠の僕たち

劇場公開日 2011年12月23日
全28件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

傷と癒し

魂とは永遠に続く存在であり、そういった意味では死は新しい世界への旅立ちに過ぎないのかもしれない。
その永遠の旅路の中においては、かつて敵対した国の青年も対等な1つの魂、友人となれる。

日米の関係における戦争・原爆という傷、タブーに触れながらも優しく癒しをもたらし希望を抱かせてくれる、そんな作品だ。

ショートカットのミア・ワシコウスカが可愛いらしい。また、日本兵の幽霊役の加瀬亮は流暢な英語で好演している。

ヒポリタ
さん / 2018年1月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi