海の沈黙のレビュー・感想・評価

メニュー

海の沈黙

劇場公開日 2010年2月20日
1件を表示 映画レビューを書く

日本人には見せたくない「名作」なのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

抵抗文学である、ヴェルコールの小説を メルヴィルが自主製作した
監督、製作、脚本、編集を ほとんど一人でこなす
これが、後に「ヌーヴェル・バーグの父」と呼ばれたりする理由である

ナチスドイツの占領下の フランス
伯父と姪の暮らす家の 二階をドイツ将校が借りることになる

毎晩 二人を訪ね、持論を展開する将校
沈黙で答える 二人
これが 続くのだが、段々 引き込まれる
フランスに 理解のある彼は「ドイツとフランスの融合」を説き、これを「幸福な結婚 」になぞらえたりする

彼の 理想論は 同僚らに否定され、絶望した彼は 前線に赴く
沈黙を続けた姪と 将校の淡い恋は、儚く終わるのである

国民同士が 理解し合えても、国と国の利害は 決して一致しないことを、レジスタンス活動をしていた
メルヴィルは 痛感したのだろう

将校のアプローチを 拒否した姪だが、
これは フランスレジスタンスの 理解と選択である
美しい言葉で語られる「理想」に身をゆだねることは できない
次に「侵略」や「破壊」が来る、からである
フランスの「レジスタンス」や「不服従の精神」を 少し理解出来たような気がする

この映画が 名作であるにも関わらず、日本で ほとんど上映されないことに
戸惑う(何故?)

jarinkochie
jarinkochieさん / 2019年4月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報