「残酷でもセクシー」ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編 kokkoさんの映画レビュー(感想・評価)

2.94
14%
14%
43%
29%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5残酷でもセクシー

kokkoさん
2009年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ヴァンサン・カッセルの見事な存在感!
優しい目の奥に見える怒りの表情は、凶悪犯としての魅力が満載です。
これまでに語り継がれてきたジャックを完璧に描ききっている作品です。
でも女性には優しい男!決して手を出さず、惜しみない愛を注ぐところに女性は惹かれるのですよね。とってもセクシー!物腰はやわらかで紳士的で頼もしく、そして暴力的。怖いもの知らずで容赦無し。世界で最も有名なギャング、彼のポリシー、生き様をこの映画で知ることができました。又設定の小道具、自動車と60年代のファッションなど多く再現されており、そこも見所でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kokko
「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編」のレビューを書く 「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編」のレビュー一覧へ(全4件)
「ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part.1 ノワール編」の作品トップへ