みんな元気(2009)のレビュー・感想・評価

みんな元気(2009)

10件を表示 映画レビューを書く

捻りのないタイトルが惜しい

定年後に、子ども達を訪問すべく旅にでる父親の物語。

刺さる層も、主人公に境遇が近いお父様達だろう。

もりり
もりりさん / 2017年3月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お父さん。

ドリュー・バリモア観たさに観ましたが、大当たり!

非常に良い映画でした。

ロバート・デニーロって、あくの強いイメージしかなかったのですが、今作品では、佇まいから哀愁?のようなものを感じて、役に凄くはまっています。

日本未公開でしたが、DVDで観れて本当に良かった。

家族映画がお好きな方には、オススメの映画です。

おりこう
おりこうさん / 2016年4月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イタい

悲し過ぎるくらいイタいデニーロ。子供は子供のままじゃなく、それぞれに人生を歩んでく。親はいつまでも子供は子供と思いがちだが子供だってひとりの人間なんだよね。電話線のコーティング?の仕事をしてたってのも話のつながりがイイ。淡々と展開して行くが終盤にはやられた。そーくるかと。泣けた泣けた。絵には特に。ラストには救われる。未公開シーンで「赤ん坊が退院する時は新車を迎える気持ちだ。ただ新車は取扱説明書があるが子供にはない。子育ては何が正解かわからないがとにかく愛すること」とあった。未公開じゃもったいない名言。コーヒーショップでの老人との未公開シーンも面白い。

がい
がいさん / 2015年2月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族愛 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

親は子供のためを思い育て、子供は親を悲しませたくなくて本当のことが言えずに嘘をついてしまう。そんな日常が丁寧に描かれていて、胸をうたれました。たまたま気になって借りたんだけど、当たりの作品でした。

むった
むったさん / 2014年6月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けました。

大好きな作品がまた1つ増えて嬉しかったです。
あまりデニーロの作品を見ていないのですが
父親役がリアルすぎて、本当に演技力がすごい人だなと実感しました。
悲しい話は好きではないのですが
悲しいはずなのにすごくほっこりして、
泣けました。とてもいい映画だと思います。

もえ
もえさん / 2014年3月26日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

家族の絆は何処でも同じ

定年退職した初老の男フランクの元に、離れて暮らす子供たちが久々に集まる事に。が、直前になってドタキャン。そこでフランクは、アメリカ各地に住む子供たちを訪ねる旅に出る…。

ジュゼッペ・トルナトーレの1990年の作品をリメイクしたハートフル・ドラマ。
日本未公開ながら、ロバート・デ・ニーロ、ドリュー・バリモア、ケイト・ベッキンセール、サム・ロックウェルら豪華キャストが揃う。

親が子供を訪ねるが、多忙な子供たちと擦れ違うばかり…という展開は、「東京物語」を彷彿させる。
希薄になった家族の関係は何処の国も同じ。

しかし、子供たちが父フランクと距離を置くのは、ある理由から。
父に心配かけさせない為、子供たちは嘘をつく。
父は本当の事を知りたがる。
子供たちは本当の事を話す。それは、姉弟の一人の身に起きた余りにも悲しい出来事。

悲しみを分かち合い、家族は一つになった。
父には隠していた子供たちそれぞれの秘密も話し、ぎこちなかった関係に笑顔が戻った。

何も包み隠す事はない。
家族なのだから。

近大
近大さん / 2013年3月25日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい作品なのに日本未公開

総合:80点
ストーリー: 85
キャスト: 85
演出: 80
ビジュアル: 75
音楽: 80

 イタリア映画の「みんな元気」という作品の再映画化と思われ、それは元々は「東京物語」に影響されているらしい。デ・ニーロ主演で日本映画に関連している作品なのに、日本では未公開らしい。

 最初はもっと親子感情のもつれを描いたぎすぎすしたものか、あるいはもっと軽いものかと思っていた。しかしいい意味で裏切られた。物語もデ・ニーロの演技も申し分ないし、音楽も旅の途中のふとした一場面を写す映像も良くて、均整の取れた総合的な水準の高い良い映画だった。これだけの内容と質で日本公開されていないのが不思議。十分に観る価値がある。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしいデニーロの傑作。観るべし! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

4人の子供を育てあげた工場勤務の父親(ロバート・デ・ニーロ)が妻を亡くした後、知らなかった子供たちとの関係や、思いを知る物語。リメイク作品になった事も理解できる、素晴らしいストーリーです。

特に、リタイヤを考える歳になった自分と同い年齢(40代後半
から50代)の人たちには必ず、共感できるテーマです。

・いつまでも小さいままの子供たちが大人になっている感傷。
・母との会話が殆どで父との仲介役がいなくなった時に
 会う事に煩わしさと面倒さを感じる子供たち。
・次々に知らされる事実に困惑し、疎外感を強める父親

キャストがケイト・ベッキンセールやドリュー・バリモアである
必要は全然感じませんが、工場一筋40数年の頑固な父親の
哀愁をうまく演じきっています。流石御大、すばらしい。

地方にいる親と都会に生活圏がある子供達の交流の難しさ。
田舎の親は心に引っかかった棘のような物。

面と向かい合う事が難しいテーマだからこそ、今見つめあう必要が
あると思います、段々と事実をしってゆくこの父親の様に。

最後に病室で家族が集まるシーン、妻の墓に子供達の
話をするシーンには、その愛が胸に沁み渡ります。

頑固だが意外とアクティブなデニーロ。
子供が寄り付かないなら、自分から行ってやる!って
日本の3倍の距離を行っちゃう親父さんの行動力に脱帽です。

オリジナルもぜひ観たくなりました。

としぱぱ
としぱぱさん / 2012年10月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

キャストも豪華なのに・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

仕事を引退し、妻が亡くなった後に、4人の子供を訪問することで次々と明らかになる現実。これまで仕事にかまけて、また妻がいたため、子供たちと十分にコミュニケーションが取れていなかったことを痛感する主人公。そうはいってもそこは父親であり、そこから家族の繋がりを取り戻していく。

最後に家族が父親の下で再び纏まるという結末は予定調和的であるけれど、それぞれの子供たちが隠している秘密が明らかになっていく飽きさせない展開で、意外と良かった。

有名なイタリア映画のリメイクだけあって、キャストは、ロバート・デ・ニーロ、ドリュー・バリモア、ケイト・ベッキンセイルなど豪華。
なのに、日本では劇場公開なかったみたい。

tom-tom
tom-tomさん / 2011年5月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けるんです!!

タイトル(原題)もありがち、ポスターも “DVDカバーにぴったり、”
そして最近 流行の?豪華キャストという時点で 期待ゼロで観に行きました。

プレビューの軽い感じに だまされないで下さい!
とってもいい映画なんです!!

ケイト・ベッキンセールと ドリュー・バリモアが 姉妹という設定は
画的にムリがありますが(全然似てないし、笑)ストーリーを追えば なぜこのキャスティングなのか 理解できます(演技力でしょう。)

ケイト・ベッキンセールの実娘がケイトの幼少期役で出演してます(そっくり!)

いつもタフ・ガイのロバート・デ・ニーロが、ちょっと疲れた親父を 完璧に演じてくれてます(涙)

日本には結構いるけど、アメリカにも こんな不器用な親父がいるんだなぁと、意外でした。

公開日程が決まったら、もっとレビューを加えたいです。
イチオシの映画です!!

Blue
Blueさん / 2010年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

10件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi