バーダー・マインホフ 理想の果てにのレビュー・感想・評価

バーダー・マインホフ 理想の果てに

劇場公開日 2009年7月25日
3件を表示 映画レビューを書く

革命世代

 1967年6月、西ベルリン。イランの王妃に公開状を送ったウルリケ・マインホフ(グデック)。贅沢三昧の王家に対する皮肉をいっぱい込めて書いた彼女はジャーナリストだったが、やがて学生運動の中心人物の一人アンドレアス・バーダー(ブライブトロイ)と同調してゆく。バーダーは恋人のグドルン・エンスリン(ヴォカレク)と共にベトナム戦争に抗議してデパートに放火して逮捕されるが、控訴確定まで釈放。イタリアに潜んでいたが、バーダーが捕まる。彼らはウルリケと組んでバーダーを救出。銀行強盗・爆破事件などを繰り返し、テロ活動を続ける・・・と言っても彼らは民間人を巻き込むことを諌めているし、主要メンバーが逮捕されてからが過激となってゆくのだ。いつのまにかドイツ赤軍・RAFと改名。

 警察側の描写も面白く、リーダー格のホルスト・ヘロルド(ブルーノ・ガンツ)が「テロには屈しない」という一点張りではなく、彼ら過激派の動機を知らなくてはならないと主張するのだ。警察は戦うだけだが、政治家こそが原因を探り彼らが暴発しないような世の中にしなければならない。劇中、後年のバーダーと共にもっとも共感できる人物だったかもしれない。

 なぜこの時期にきて日本では『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』、アメリカでも『チェ・28歳の革命』2部作という革命ブームとなったんだろ。9.11に触発され、どうしてテロリストが生まれたのかを詳しく説明してくれてるし、好きなんだけど、革命に燃えていた世代は老人になってるだろうし・・・。やはり今の若者へのメッセージなんでしょうな。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観てよかった

ドイツ赤軍を題材にして
古今東西、はるか太古の昔から繰り返されてきた事象を描いている。

理想を追い求める事の虚実。

人が信条を声高々に叫ぶ時、それはどこまで真実なのか?
激しく重い問いをこの映画は投げかけている。

小二郎
小二郎さん / 2013年6月28日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あの時代を駆け抜けた闘士たちから何を学べるか

重い。いろんな意味で重たい作品だ。正直言って、面白いと感じた部分はほとんどなかった。しかし、「面白くない映画」などと批判めいたことなど書くわけにもいかない。その理由は、この作品で描かれたことは実際に起こった事実であること、そして、その時代に魂を賭けた人間たちを批判するわけにはいかないからだ。

 この作品は、昨年に公開された若松孝二監督作品「連合赤軍」のドイツ版と言うべき内容だ。日本でさまざまな若者が体制に反抗していた時代、ドイツでもアンドレアス・バーターとジャーナリスト出身のウルリケ・マインホフの二人を中心に、体制に反抗した者たちによって組織された「ドイツ赤軍」が存在していた。その当時の私は小学生だったが、「ドイツ赤軍」というものがあることは知っていたこともあって、この作品で登場するテロ事件や組織などには、ちょっと懐かしい気持ちでスクリーンを眺めていた。また、主人公のバーダーとマインホフがテロリストの訓練をうけるレバノンの訓練場は、テルアビブ乱射事件を起こした岡本公三もここにいたのだろうと想像しながら見ていて、感慨深いものを感じていた。

 物語はそんなノスタルジーに浸る間もなく淡々とした語り口で進行していく中、バーダーとマインホフたちが逮捕されても、さらに激しい闘争が繰り広げられる。それは、警察側の人間が「なぜ、あの若者たちは反抗を終わらせないのか」と言うほどに、どこまでも深い泥沼のように戦いが続く。その戦う若者たちのあいだにドイツの警察への不信感が根強いことが感じられたのが、この作品の重さなのである。

 日本の学園紛争から生まれた赤軍派は、一種の思想闘争だった。だから思想が理解できない者には闘争の意味がわからず、そのために若者たちからの支持は受け入れられなかった。しかし「ドイツ赤軍」は、ナチスを生んだ歴史をもつドイツ国家と警察に対する反体制闘争だった。だから、警察を信じられない若者たちにとってバーダーとマインホフの二人の存在は、自分たちの思いを体現しているヒーローとヒロインだったのである。当時は、日本とドイツの両赤軍は同じものと思っていたのだが、大きな違いがあったことが学べたことは、重くて面白味のない内容のこの作品を見た大きな意味があったと思う。

 しかし、主人公のバーダーとマインホフ、その二人を取り巻く者たちがたどる運命は、あまりにも惨たらしいものだ。その描き方には、闘争の戦士だった彼らへの同情などはなく、むしろ意味がある闘争だったのかどうかという反省をもこめた、冷徹な監督の視線が感じられた。そこが、情が感じられた若松孝二監督の「連合赤軍」との違いなのだが、物語を通して描かれた闘争の戦士たちの熱情には、「連合赤軍」の若者と同じ魂の叫びを見たように感じた。
 この映画に関しては、作品そのものを評価することよりも、映画の内容からバーダーとマインホフの存在意義を検証することで、新しい時代の国家のあり方を論じ合うことのほうが重要な気もする。

こもねこ
こもねこさん / 2009年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報