20世紀少年 第2章 最後の希望のレビュー・感想・評価

20世紀少年 第2章 最後の希望

劇場公開日 2009年1月31日
32件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

かなり疲れた

いやダラダラとこんなに起伏のない展開には、だるい。
二時間半近く、それも三本ですか。
三本目どうしようかな。レトロ感の為か、映像がかなりくすんで見えるのも難あり。
ユースケサンタマリアがおもろい顔でおもろいこと言うのと、香川が控えめであるくらいか、新鮮なのは。
平は24くらいだと思うが、小学生みたいな演技で可愛いと思うのは最初だけ。
だんだんとウザく感じる。
これだけアクションシーンが多いのに、何故、だらけた感じがして脱力するのだろうか。
万博をそのまま再現したり、海ほたるを刑務所に使うのは、芸がない。
警官や民衆がいかにも素人をなんの練習もせずにただ歩かせるのはなんだろう、目が死んでるぞ。
考えても疲れるだけだから、もうやめた。

アサシン
アサシンさん / 2019年2月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

正直眠くなったが、面白い(矛盾)

正直眠くなったが、面白い(矛盾)

パピコ
パピコさん / 2018年8月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満を持してカンナ役、長友アモーレ登場。キャスティングが上手い、ほん...

満を持してカンナ役、長友アモーレ登場。キャスティングが上手い、ほんと漫画そのものです。中でも響子役がMVP、漫画から抜け出てきたようで最高に笑えます。

ストーリーは相変わらずわかったたような分からぬような。未だにポーズをキメる少年9名が言えません。超大作のようで面白いようなそうでないような…なんとも不思議なお話です。

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年7月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平愛梨結婚おめでとう

この作品で平愛梨知りました。
一時期ファンでした。
イ ン テ ル 長 友

作品自体は3作全部で一つの物語なので一概には言えませんが、カンナの成長が描かれていて観ていてワクワクドキドキはしました。

たっぐ
たっぐさん / 2017年4月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1のが見やすかった

1のが見やすかった

かんたーびれ
かんたーびれさん / 2016年3月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出る感想としては第一章と同じかな

原作はとても面白いからストーリーとしては面白いけど、正直演出とかはだめだ

もしかしたらこれが限界なのかな?って思つちゃうけど…そうはおもわせて欲しくない。

漫画のほうが、表現力があって実写じゃやっぱり無理かとか思っちゃう。

こう言われるって制作側からしたら相当ショックだろう…

すみません。

だいこん
だいこんさん / 2014年5月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ともだちが早く知りたい

もともとの作品がどれだけのことを盛り込んで、どこを抜粋したのか分からない、原作を読んでいない私は、結構飽きずに楽しめました。

次に何が起こるのか、と言うより、何が起こってこうなったのか、という視点で楽しめる作品。

これといって、特に必要なシーンはなかったようなだらだらとした印象はあるが、やはり最終章にならないと意味がないのかな??

早く、ともだちの招待が知りたい。

lovesong
lovesongさん / 2013年9月28日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

相変わらずくさい演出

総合:60点
ストーリー: 60
キャスト: 55
演出: 50
ビジュアル: 75
音楽: 65

 新主人公になった平愛梨は原作の雰囲気が出ていて可愛いけれど演技はたいしたことがないし、ヤクザ相手に賭けをする場面とか抗争を諌めたりする場面などの演出もクサくて現実感がまるでない。時代が動いて話も動いているし進展が見られるのはいい。その意味で前作よりもちょっといいけれど、それでもたいして質の高い作品とも思えなかった。だが小池栄子はなかなか良かった。乗りかかった船で、とりあえず最終作までは見てみるつもり。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だらだらした映画やのぉ

1.2.3で一番2がつまらんわ・・・。
なにがしたいんかわからんわ・・・。つつみぃ~
唐沢がレジェンドみたいな存在になってるが
普通の人やん。
歌も微妙だし・・・(-_-;)

脚本家は原作に忠実に書いているつもりだが
一番必要なところがダメ!
唐沢を含みチャラを立ててない。
すべて俳優頼み・・・。
唐沢は不毛地帯を含め名演技ができる俳優。

それがこの結果かよ・・・・。

やん
やんさん / 2012年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

詰め込みすぎかにゃ~

今回は原作本を読んで臨みましたw
前作と比べて原作となった巻数が多く駆け足で追っかけた感があって
前作のような原作知らずの人が見るのには優しくない映画に
なってしまっていた気がします(ノ_・。)うるうる・・

次はもう少し楽しめるものをお願いしますにゃん

まつり★
まつり★さん / 2012年8月18日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

早く友達がしりたい

3かんめで分かるのかなあ…
人なのかなも分からないし…
ある人の息子の話も知ってたし…
謎は深まるばかり…
でもあの友達ランドはすごい怖い感じがしました
逃げれなくてどこから見張ってるのか分からないし
こういう世界になるのは想像はできないけど…
あのおかまちゃんが可哀想でした

みゆき☆
みゆき☆さん / 2011年4月11日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

その場その場でのドキドキハラハラは楽しめました

 原作は読んでいませんが、第1章は見ました。

 3部作の2作目なのでやむを得ないのかもしれませんが、ストーリーがどこからどこへ向かっているのか全くわからないので、何とも落ち着かない印象でした。
 全ては最終章、ということでしょうか。

 その場その場でのドキドキハラハラは楽しめました。

ringo
ringoさん / 2011年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作に忠実になればなるほど、、、

『20世紀少年』のレビューでも書いたとおり、
原作もかなりの頻度で、中だるみがあります。
原作に忠実にストーリーを進めていけば行く程、映画も中だるみ。
ここじゃなくて、もっと他にPick Upするストーリーあるでしょう!!
って、思う箇所があったり。

俳優陣が豪華なだけに、カンナ役の平愛梨ちゃんの演技のレベルの差が目立つ。
特に第2章は、カンナメインで話が進むのに、周りのベテラン陣に囲まれ、ちゃちいセットも相乗効果でなんだか学芸会風に。
漫画のカンナの顔だけで選んだ・・・??
そう思うと、他の俳優も、顔が原作と超そっくり。

あ、顔で選んだんだーーww。

って思って、ちょっと興醒め。
カンナ役は、顔は似て無くてもいいから、他のベテランさんと劣りがないくらいの、実力派若手女優を起用して欲しかった。
例えば。。。柴咲コウさんとか、水川あさみさんとか・・・。(*´∀`)ノ
でも、漫画に忠実にしたいのなら、「顔似てるくくり」で平愛梨ちゃんが一番はまってるので、まいっか。

一応ここまで観たので、最終章も勿論観る!と決心。

★りんごちゃん★
★りんごちゃん★さん / 2010年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

漫画を部分的に映像化

そんな感覚で観ればまだ…いやしかし長いですからそれにも限界が。
漫画はかなり好きです。連載中からのファンです。

話の軸・繋がり・まとめ方、登場人物の人間性など、映画にするにあたって大切なものが皆無に等しい。
つまり根本的に"映画"として成り立たないのでは。

うん。もう本当にすいません。これ"映画"ではないです。

私は少しそう思いました。

dadadanDA
dadadanDAさん / 2010年2月9日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

とりあえず観ておこう

昭和の色を残しつつSFチックな世界観は、どことなく垢抜けず、こうした色合いに馴染めるかどうかが、この映画を楽しめるかどうかのカギだろう。
はっきりいって、個人的には好きではない。1作目を観たし、1作目だけでこの作品を評価するわけにもいかず、今回も観に行った。それが正直なところである。
ワタシにとって、この作品の焦点は「“ともだち”の正体は誰なのか?」の一点だけなのだが、ただそれだけのために3部作で7時間も引っ張られたくないぞ!と思ってしまう。
ここまで観たのだから8月公開の最終章も観るが、「“ともだち”の正体は誰なのか?」だけで終わらない何かがあることを期待したい。いまのところ、皆さんにはTVかDVDでじゅうぶんと言っておこう。
“ともだち”のパレードをとりまく人の多さはよかった。「デスノート」や「デトロイト・メタル・シティ」みたいにショボくない。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2010年1月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんでもありのやりたい放題にしらける

自ブログより抜粋で。
--
 浦沢直樹原作の人気コミック実写映画化三部作の第二弾。
 素材の良さは認めながらも、いまひとつのめり込めなかった第一弾だったのでそれほど期待していなかったが、予想の上を行くつまらなさに辟易。
(中略)
 例によって原作未読ですので、それとの比較はできませんのであしからず。

 あらかじめ予定されている三部作の中盤ゆえ、よほどうまくやらなければ“つなぎ”にしかならないのは想定済み。
 そういう意味ではハードルを下げて観たつもりだが、「中弛みにもほどがある」と言いたくなるだらしない展開にあきれかえるほかない。

 結局この第二章の主旨は最後のアレを見せて第三章につなぎたかっただけなんだろう。
 ともだちランドわけわからん。というか、バーチャルゲームつまらんし、カンナとケンヂの“初対面”とか、なんでもありのやりたい放題にしらける。
 ユースケ・サンタマリア演じるサダキヨのエピソードも時間稼ぎにしか感じられないし。

 第一章での堤監督は後半息切れした感もあったが、彼らしいケレン味たっぷりの演出で観客を楽しませたのに対し、今回は正攻法で攻めてきた印象。
 ただそれが成功しているとは言い難く、さっさと第三章に取りかかりたくて手軽に済ませたなという印象すらある。
 まあ、この大作のスケールに対してスケジュールが足りなさすぎるだろうと同情はするのだが。

かみぃ
かみぃさん / 2009年10月16日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

イラツキが

観ていてイラつきガ収まらなかった・・・。
核心となるシーンに行くまでの前振りが長すぎ、
単に時間稼ぎの映画としか思えません。

belfry
belfryさん / 2009年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

前作よりかは遥かにあり

コントみたいな前作とは一転、話も少しシリアスでなかなか楽しめました。
しかし相変わらず作風は一作目のスパイラルから抜けられず
『第二章』と言えるのは、ともだちランドからになります。
何が一番の評価かって…小池栄子が堤ワールドにハマりすぎていること…(笑)

manny
mannyさん / 2009年8月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館、DVD/BD、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最終章を見ないと、この作品だけでは何とも1本の作品としては、中途半端でしょうね。

 2作目は、3作目に続く橋渡し的な作品。ともだちが暗殺されるという衝撃的なラストはあるものの、1作目みたいな大がかりな山場がありません。
 物語は、2000年の"血の大みそか"から15年経っていました。
 姿を消したケンジの姪カンナは、ユキジの世話を受けながら成長し、高校生になっていたのです。いまや日本を支配するほどに勢力を増した教祖"ともだち"の正体を探るため、カンナはクラスメートの小泉と共に洗脳施設「ともだちランド」へ向かうという話が軸になっていました。
 主人公は、カンナになったものの、どうも超能力があるらしいと言う前振りめいたところしかなく、本格的な世を救っていく活躍は自作にお預けのようです。

 肝心な“ともだち”は誰かということは、カンナは少年時代の本人にバーチャルな世界で遭遇し、素顔を見ています。オロチョも本人とのやりとりで誰だか気づきます。しかし映像では、あと一息というところで“ともだち”の正体をオブラートに包みました。
 これも次回のネタばれになりそうです。

 2作目は、刑務所を脱獄したオロチョの活躍がかっこ良かったです。トヨエツが渋く決めまくります。堤監督の演出の良さは、役柄が持っている個性を自然にうまく引き出していることです。見ていてどんな人物なのか正格までよく分かるところが上手いなぁと思います。トヨエツのショーグンらしさが際立っていましたね。

 演出はいいのですが、ストーリーが・・・。
 全体にスピード感にこだわったストーリー構成なのだそうですが、はっきり言って登場人物も多く、この人なんで出ているのか掴めないままに、どんどんストーリーが進んでいきます。2作目も前作同様、原作読んでないと訳分かんないシーンが多々ありました。

 ところで見ていて、この作品は宗教への偏見を助長させる内容だとつくづく感じました。そもそもこの映画のアイデアはオウム事件の直後に生まれたそうなのです。
 ともだち教団の信者のカルト的仕草と、信者にするための洗脳システム。“絶交”と言う名の処刑など、研修に行ったら絶対戻れない「ともだちランド」という遊園地のような施設の存在。そしてサリン事件を彷彿させる毒物の噴霧などなにから何までオウム事件に酷似しています。
 いったい20世紀少年という漫画や映画の目的は何だろうと思います。地獄のサタンが地上の人間に、宗教というものは人を洗脳し破滅させる恐いものだから信じるなささやきかけているような気がしてなりません。

 さてさて、“ともだち”が暗殺によって死んでしまっては、最終章に繋がりません。そして復活を成し遂げれば、“ともだち”は神として崇められることでしょう。預言の書では、救世主は復活し、そのことで世界は滅亡に向かうとされています。
 “ともだち”が描く世界支配の野望の深謀遠慮については、ぜひ劇場でご覧ください。 それにしてもそこまでしてよげんの書の実現にこだわる“ともだち”の理由は、第2章でも明かされませんでした。

 なお、ラスト恒例の次回への予告映像では、なんとケンジらしい人物が登場しています。ということで最終章を見ないと、この作品だけでは何とも1本の作品としては、中途半端でしょうね。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2009年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界を巻き込んだ壮大な「ごっこ遊び」第2章

浦沢直樹原作の映画『20世紀少年』3部作の2作目です。

宗教団体を率いる謎の人物「ともだち」に対してケンヂをはじめとする幼馴染のメンバーは、その計画を阻止しようと結束して立ち向かうのですが、2000年12月31日、後に「血の大みそか」と呼ばれる大爆発が起きてしまいます。ケンジが幼い頃に書いた「よげんのしょ」通りに計画を進めていく「ともだち」。「血の大みそか」以降、ばらばらになってしまった幼馴染たちは2015年、再び「ともだち」に立ち向かうことになります。
彼らの最後の希望である、ケンヂの姪「カンナ」は「ともだち」の真実に少しずつ近づいていくのですが・・・。

全3部作の2作目ということで、やはり、第1章から第3章への橋渡しという意味合いが強い作品だと思います。
この作品単体では、もちろん話は完結しないし、謎は謎のままで残ります。
原作の壮大なストーリーを2時間ちょとにまとめているので、第1章以上に展開が速いし、それぞれのエピソードもあっという間に終わってしまう印象があります。ひとりひとりの登場人物をもっと掘り下げて描いても良かったのでは?と思います。
でも、逆に言えば、あれだけの内容を良く2時間という時間に納めたな。と感心もします。まるでジェットコースターに乗っているようなスピード感のあるスリリングな展開は本当に面白いです。

はじめから3部作として作っている作品なので、この第2章を単体で評価することは難しいと思います。3部作が完結してはじめて正当な評価ができるんでしょうね。

消化不良な部分もありますが、僕は面白かったです。
【駄作】というのは簡単ですけど、僕は簡単に【駄作】なんて言いません。

考えてみれば、3部作の映画の2作目ってこんな感じのが多いですしね(笑)。

だいすけ
だいすけさん / 2009年3月15日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

32件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報