劇場公開日 2008年9月13日

  • 予告編を見る

「セガール映画!!」弾突 DANTOTSU マロピさんの映画レビュー(感想・評価)

2.23
0%
0%
50%
42%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

2.0セガール映画!!

マロピさん
2009年11月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

興奮

最近、自分の中では再びセガール祭りである。
セガール映画は、もはや1つのジャンルと言っても過言ではないような気がする。
様式美と言うか・・・・

さてさて、それは置いといて。
最近の(いや、以前からか)セガール作品は、内容をを想像することさえ不可能な意味不明な、不可解なタイトルを持つ。
この作品もこの例に漏れない。
ただ、他の作品と違うのは最初から最後までセガールが悪党だということ。
これは珍しい。
それが最大である見せ場だろう。
肝心のアクションはスローモーションが大目で残念ながら、セガール拳の美しさは控えめ。残念。
前も書いた事があるが、合気道がバックボーンであるからして、スローは蛇足。製作者側には猛省を即したい。
ラストの銃撃シーンは良くできてはいるが、要はこれだけじゃん、、みたいなのはセガール映画らしいと言えばらしい。
らしいと言えば、「暗殺」しに行ったのものの、結局真正面からぶちのめすあたりはセガールらしくて「ぷっ」と笑えた。

それにしても、いつもながらセガール映画は、中身をシリアスに作れば作るほど笑えるのだからたまらない・・・
どんな緊迫シーンでも、悪党がセガールに銃を向けたら最後、絶対にのされてしまうからね・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マロピ
「弾突 DANTOTSU」のレビューを書く 「弾突 DANTOTSU」のレビュー一覧へ(全3件)
「弾突 DANTOTSU」の作品トップへ