譜めくりの女のレビュー・感想・評価

メニュー

譜めくりの女

劇場公開日 2008年4月19日
4件を表示 映画レビューを書く

さば、大丈夫? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「譜めくりの女」(ドゥニ・デルクール監督)から。
物語は、若い頃に、自分の夢を諦める原因になった女性を
追いつめて追いつめて、最後は、復讐を果たす・・という
フランス映画らしい(汗)、精神的に響く映画だった。
しかし「気になる一言」は、関係者には申し訳ない、
物語とは無関係。何のシーンだったろうか?
耳では「サバ?」、字幕では「大丈夫?」
フランス語の「大丈夫」は「Ca va」。 発音は「サバ(ヴァ)」。
メモでは「さば、大丈夫?」
これが、頭から離れなくなってしまった。
しかしながら、このネタは飲み会では活躍しそう。
寿司屋でも、居酒屋でも・・鯖(さば)がテーブルに出てきたら
「これ、なんて魚?」「さば」
「それって、フランス語で『大丈夫?』ってこと?」
ここで、笑いが取れなかったら、次の話題に移って欲しい。(笑)
話が脱線したが、こんな映画の楽しみ方もある。

shimo
shimoさん / 2010年11月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おフランス流復讐劇

観客に伝わりづらい場面などあり、映画としてつくりが甘い部分は
確かにあるのですが、表情少なく淡々と進んでいく復讐劇にハラハラ
して見ました。

命を奪うようなところはないので、意外と後味は悪くないです。
人間の、ねっとりとした、根性の悪い、やらしい性を見せてくれる
フランス流のサスペンスです。

さきやん
さきやんさん / 2009年11月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

雰囲気はいいけどあきらかに恨む相手が違うじゃん!!

昼ドラのような内容と静か過ぎるくらいの雰囲気が逆に何が起こるかわからないという神経を逆なでするような恐怖をかもし出しているからサスペンスとしてはすごくいい作りだとは思う(>_<)

 だけど残念なことに動機があまりにも不自然で共感することができない。
メアリーは入学試験でアリアーヌに無神経な態度をとられて気が散ってしまい試験に落ちたことを恨んでいるんだけど、どう見ても憎む相手が違うと思う(._.)
 試験中にサインを求めてきた非常識なおばさんの方がどう見たって悪いでしょ!恨むなら普通そっちの方だと思う(@_@)
 試験に落ちたことで母が自殺してしまったとかなら話が通るけどただ試験に落ちただけで自分の進路まで犠牲にして復習しようというのがあまりにも小さくて、なにげない行動が人に復讐心を与えることもあるのかと思うと逆に怖いけどね(@_@)

 メアリーも可愛そうだけどこの復習のとばっちりを受けたアリアーヌの家族が可愛そうでならない(._.)

Sp!ke-Y
Sp!ke-Yさん / 2008年10月31日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

仏頂面の仏女の不条理極まりない逆恨み。怖~っ・・・

<ストーリー>
少女メラニーは肉屋の娘。決して裕福ではない生活の中で両親は好きなピアノのレッスンを続けさせてくれた。そして彼女は遂にコンセルヴァトワールの入学試験を受けることとなる。

これが駄目ならピアノの道を諦めるつもりで臨んだ実技試験の最中、人気ピアニストで審査委員のアリアーヌが、メラニーの演奏に集中していないのが気になり、メラニーは演奏を止めてしまい、アリアーヌに叱責される。再度演奏を再開してももう動揺してしまい、ミスタッチを連発。彼女はピアニストの夢を諦める。

十数年後、成長したメラニーは、名高い弁護士ジャン・フシェクールの事務所で、見習いとして働き始める。堅実な働き振りに信頼を獲得していくメラニー。そんなある日、ジャンが出張の間、息子のトリスタンの面倒を見てくれる人を探しているのを知った彼女は、自ら申し出るのであった。

<個人的戯言>
【♪レ~ジ~メ~♪】
仏女怖~っ!いくら試験落ちるきっかけ作ったとはいえ、ここまでするか!ショスタコーヴィッチ、バッハ、シューベルトのピアノ曲や三重奏曲、更に映画のオリジナル曲が、最初から不安を駆り立て、次第にピアニストの女性が追い込まれていくのを煽ります。「譜めくりの女」の無表情さも怖~っ!

ちょっと残念なのが、まず前提としてある、ピアニストが不安定になる原因が、その後出てくることがなかったこと。それも・・・なら・・・更に彼女の電話をしているシーンも、深読みすれば○ぐるみ?と思わせますが、これもスルー。そこをうまく使えばもの凄い「不条理女」になれたのに・・・

【ぐだぐだ独り言詳細】
そらまあ試験落ちたきっかけを作ったのはピアニストかもしれないけど、そもそも実技試験中に入ってくる人が悪いと思し、そもそも試験中にそんなものに気を取られる本人が一番悪いと思うけど・・・完全な逆恨み。少女時代から大人に成長しても、ず~とほとんど表情が変わらないのが余計怖いです。仏にはこんな逆恨み無表情女、いっぱいいるんでしょうか・・・J'ai peur!(仏語で「怖~っ!」)

この不安を更に煽るのが、終始流れるクラシックのピアノ曲と三重奏曲、更に映画のオリジナル曲。オープニングから、まるで全てが意味あり気な感じに見えてくるくらい、執拗に奏でられます。当然「不安なシーン」は煽りまくり。無表情な「譜めくり女」の不気味さと、追い込まれていくピアニストの青ざめた表情をクローズ・アップしていきます。

一つ残念なのは、ピアニストが「譜めくり女」が来る前に、既に不安定になっていた原因が、その後全く触れられなかったこと。最初聞いた時はてっきり・・・と思いましたが、完全に忘れられてました・・・更に「譜めくり女」の電話シーンで彼女が言う「Tout va bien」(訳では「問題ない」としていましたが、直訳すれば「全てうまくいっている」となります)が意味深・・・ってこれもスルーかよ!もう一押しあれば、この不条理過ぎる「逆恨み」も箔が付いたと思うのですが・・・

ジョルジュ・トーニオ
ジョルジュ・トーニオさん / 2008年5月29日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi