歓びを歌にのせて

劇場公開日

15%
50%
30%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界的な指揮者の主人公が、心身共に疲弊した末に引退して戻った故郷の小さな村で、純朴な人々と音楽を通じて交流を深めるうちに、再び音楽の歓びを呼び覚していく姿を描く感動のドラマ。監督はケイ・ポラック。18年ぶりに映画界に戻り、絶賛をもって迎えられた。主演は名優ミカエル・ニュクビスト。スウェーデンを代表する人気歌手ヘレン・ヒョホルムが美声を披露している。2005年度アカデミー賞外国語映画部門ノミネート。

2004年製作/132分/スウェーデン
原題:Sa Som I Himmelen
配給:エレファント・ピクチャー

ストーリー

ダニエル・ダレウス(ミカエル・ニュクビスト)は、天才指揮者として誰もが羨むような世界的な成功を手にし、大きな名声を得ていた。しかし、命を削るかのような激しい表現や分刻みのスケジュール、そして絶えず注目を浴び続ける生活のせいで彼の心臓はボロボロになり、次第に孤独と惨めさを感じていった。あるとき、ついに舞台で倒れてしまい、肉体的・精神的に限界を感じたダニエルは、突然すべてを捨てて、幼少時代を過ごしたスウェーデン北部ノルランド地方の村ユースオーケル(架空の村)に一人戻った。唯一の肉親である最愛の母親は彼が幼い頃に事故で亡くなっていたし、音楽にすべてを懸けて生きてきたため、恋人と呼べる人もいなかった。ダニエルは、故郷の廃校になった母校の小学校を買い取り、そこに住むことにした。暖房設備もろくになく、とても人が住める環境ではない場所だったが、彼の胸は生まれて初めての穏やかな気持ちと期待でいっぱいだった。幼少時と名前を変えていたため、村人は彼がこの村の出身だとは気付かなかった。それどころか、あまりにも突然の有名人の登場に村人は好奇心を隠さなかった。彼は間もなく、牧師のスティッグ・バーゲン(ニコラス・ファルク)らに小さな協会のコーラス隊の指導を頼まれる。そのコーラス隊は毎週木曜日に教区のホールで練習を重ねていた。ダニエルは再び脚光を浴びることに抵抗を感じてはいたが、彼らの歌を聞き、自ら指導を引き受けたいと熱望する。コーラス隊の指導を始めて、心から音楽を愛する彼らの気持ちに触れ、ダニエルは再び音楽の素晴らしさを実感していく。コーラス隊のメンバーは、それぞれに様々な問題を抱えて生きていた。どんな人にも分け隔てなく天使のような母性を持って接するレナ(フリーダ・ハルグレン)は、愛する人に騙されたという過去の辛い恋を引きずっていたし、二人のかわいらしい子供と美しい歌声に恵まれたガブリエラ(ヘレン・ヒョホルム)は、夫の激しい暴力に日々耐えていた。おしどり夫婦と思われた牧師夫婦の妻インゲ(インゲラ・オールソン)でさえも、聖職者である夫スティッグとの夫婦生活に密かな不満を抱いていた。みんな今の生活を変える勇気をなかなか持てなかったが、ダニエルを通して音楽から勇気をもらい、人生の“一歩”を踏み出す自信を得る。もちろんそれを面白く思わない者もいた。牧師のスティッグは村人から信頼の厚いダニエルを脅威に感じて嫉妬心を露わにし、暴力で妻ガブリエラを支配していたコニー(ペア・モアベア)は妻を失うのではないかという不安を、暴力でダニエルにぶつけるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第77回 アカデミー賞(2005年)

ノミネート

外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5歓びを歌にのせて

hopeさん
2021年3月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hope

0.5残念な村人と悲劇の音楽家

odeonzaさん
2020年5月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.5生きる歓びに包まれて

Gustavさん
2020年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

心身の疲弊から指揮者を引退した音楽家が、故郷の村に帰り地元の聖歌隊の指導する中で、生きることの意味と価値を見つけ再生する音楽ドラマ。しかし、音楽を聴かせることより、様々な老若男女の聖歌隊メンバーの赤裸々な欲望が濃厚に描かれる。特に牧師夫婦の愛憎描写はベルイマンを彷彿とさせるもので興味深く、また優れている点である。但し、個性的な人々を多く盛り込んだ内容に対して、ポラック監督のコントロールに不満が残る。俳優たちの演技力から、この人は演劇畑の演出家であろう。ラストシーンにはびっくり。逞しい生命力を感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

5.0感動で心が震えました

あき240さん
2018年8月15日
Androidアプリから投稿

スウェーデン映画恐るべしです
あっと言う間に映画に引き込まれて集中して観入ってしまいました
良い映画にであえた幸せを感じます
見終わって何かが変化した自分を発見すると思います
これこそ映画の力なのだと思いました

主人公のように激務に磨り減って、心身共に疲れ果ててしまったあなた
ふと気がつけば独りきりで生きてきて、これからも独りきりの人生なんだと身に沁みたあなた
村人達のように日常に埋没して繰り返しだけの日々を過ごしているあなた
本当の自分を取り戻すきっかけをこの映画はきっと与えてくれると思います
主人公が村人達に化学変化を起こしたように
この映画があなたのマインドセットを変えてくれると思います

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全9件)