ボン・ヴォヤージュのレビュー・感想・評価

ボン・ヴォヤージュ

劇場公開日 2004年12月11日
1件を表示 映画レビューを書く

死体遺棄

 過失なんだから警察に言ってもたいした罪にならないのだが、彼女は女優。スキャンダルを怖れていたためオジェ(デランジェール)と二人で死体遺棄の道を選んでしまう。戦争間近の頃だし、車の事故もたいしたことはないかもしれないが、車に積んでたアルペル氏は不審死として記事になった。彼女は突き落として殺したと言っていたのに、実は射殺されていたことも判明・・・

 数ヵ月後、ドイツ軍が侵攻して、6月14日にはパリ陥落。ヴィヴィアンヌは大臣のボーフォール
ドパルデュー)の愛人となりボルドーに逃げた。混乱に乗じて刑務所を出たオジェはそのボルドーをめざす。

 ヴィヴィアンヌとオジェの殺人事件を絡めた恋愛劇と、オジェが列車で知り合った科学者カミーユと原爆を作るのに重要な重水、それを盗もうとする無法者たちがスリリングに描かれえて緊張感もたっぷり。暗い世相でありながら美しい映像なので大スクリーンで観られなかったことが後悔されるほどだ。

 残念なのは登場人物が多すぎるため、どういう立場の人間だったかわからない人間が出てきてしまった・・・個人的にはカミーユ(ヴィルジニー・ルドワイヤン)が好きだなぁ。イギリスへ重水を運ぶ海岸のシーンで終わったら悲しかったはずなのに、1年経った後日談のような部分がとてもいい。カフェで再会したオジェとカミーユ。カミーユはレジスタンスとなっていて、二人はナチに追われ映画館に飛び込んでキスをする・・・その映画にはヴィヴィアンヌが楽しそうに踊っている。じっくり描かれていればもっといい映画になったに違いない。

kossykossy
kossykossyさん / 2018年12月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi