レッド・スコルピオンのレビュー・感想・評価

レッド・スコルピオン

劇場公開日 1989年1月28日
4件を表示 映画レビューを書く

今見てもいい。

公開当初、親に何だか分からず連れてかれた。
映画といえば、東映まんが祭りしか頭に無かった、小学生の自分。

正義が悪だったというストーリーと圧倒的なアクションでビックリしたなぁ。
今見てもあのトラックでの脱出劇は汗握ります!

ニコライ
ニコライさん / 2016年5月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

S-61を改造したハインド風ソ連ヘリの出来が秀逸。 見比べれば一目...

S-61を改造したハインド風ソ連ヘリの出来が秀逸。
見比べれば一目瞭然だが、当時は全く気がつかなかった。

伝馬町
伝馬町さん / 2015年3月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドルフ全開の映画。

アクション映画にしては良かった。元キックボクサーだけあってドルフの蹴りアクションはかっこ良かった。

エイジ
エイジさん / 2015年2月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すごいマシンガン撃ちたい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 スペツナズのドルフ・ラングレンが、アフリカで上官にひどい扱いを受け、解放軍となる。

 そもそもラングレンの任務がアフリカのリーダーの暗殺だったのに、戦闘ヘリによる銃撃であっさり暗殺に成功するので、そもそもの任務の意図が分からなくなる。その失敗で裏切り者扱いで拷問死させられそうになり踏んだり蹴ったりだった。

 ロシア軍と協力してアフリカで悪さをするのがキューバ軍で、キューバにはいい印象しかなかったため驚いた。本当にロシアと組んでアフリカで悪い事をしていたのだろうか?

 ブッシュマンみたいなおじさんとラングレンが仲良く旅をする様子は微笑ましかった。

 ラングレンのアクションはもっさりしていて、売れなそうな感じがした。最後に使うすごいマシンガンは楽しそうだった。特に美女も出ず男臭くストイックな映画だった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi