リリー

劇場公開日

100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愛の決断」のエドウィン・H・ノッフが製作し、「イースター・パレード」のチャールズ・ウォルターズが監督にあたったテクニカラーのミュージカル、1953年の作品。ポール・ギャリコ「打撃王」の原作を「キング・ソロモン」のヘレン・ドイッチェが脚色した。撮影は「錨を上げて」のロバート・プランク、音楽は「北の狼」のブロニスロー・ケイパーの担当。主演は「三つの恋の物語」のレスリー・キャロン、「血闘」のメル・ファーラー、「乙女の湖」のジャン・ピエール・オーモン、「三つの恋の物語」のザザ・ガボールで、アレックス・ゲリー、ウィルトン・グラッフ、カート・カズナーらが助演する。

1953年製作/アメリカ
原題:Lili
配給:MGM映画会社

ストーリー

フランスのある田舎町にみなし児の少女リリー(レスリー・キャロン)がやって来た。彼女は今年16歳、父に死なれてこの町に知人を頼ってきたのだったが、その人はもうこの世にいなかった。途方にくれたリリーは、思いがけなく、見世物の若い魔術師マーク(ジャン・ピエール・オーモン)に救われ、見世物小屋の給仕娘に雇われた。だがリリーは、マークの颯爽とした舞台姿にすっかり熱をあげてしまい、仕事の方はまるでお留守にしたので、たちまちクビにされてしまった。リリーは悲しみのあまり自殺しようとしたが、人形芝居の人形たちが彼女を優しくなぐさめてくれたので、彼女の心も明るくなった。これは人形使いポール(メル・ファーラー)の計らいだった。彼は人形を巧みに操ってリリーに話しかけたのだが、リリーは人形がほんとに話したのだと思い込んだ。ポールはリリーを一座に加え、彼女を人形たちと一緒に芝居させることにした。やがてポールはリリーを深く愛するようになったが、彼は不具の身を恥じて打ち明けることが出来なかった。かつてポールは有名なバレーの踊り手だったのだが、戦争で脚を負傷したので人形使いになったのだ。彼はリリーがマークに想いを寄せていることを知って、余計怒りっぽくなった。ある日、マークはある大ホテルに出演するため、相手役のロザリー(ザ・ザ・ガボール)と一緒にこの町を去って行くことになった。リリーは驚いた。しかもマークとロザリーは内密に結婚もしていたのだ。夢中になってマークの後を追おうとするリリーをポールは強く引きとめた。だがそれはリリーの気持ちをいよいよマークの方へつのらせるばかりだった。リリーは荷物をまとめて果てしない田舎道を歩いて行った。彼女の頭にはいろいろな想い出が駆けめぐっていく。彼女は懐かしい人形たちと次々に踊っていた。踊っているうちに人形たちはきまってポールの姿になってしまう。リリーはやっとポールの優しい愛情に気がついた。彼女は一目散に道をとってかえして、ポールの腕に抱かれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 アカデミー賞(1954年)

受賞

作曲賞(ドラマ/コメディ) ブロニスラウ・ケイパー

ノミネート

監督賞 チャールズ・ウォルターズ
女優賞 レスリー・キャロン
脚色賞 ヘレン・ドイッチュ
撮影賞(カラー) ロバート・プランク
美術賞(カラー)  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く