アニマル(1968)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フェリックス・ロマックスの脚本を、R・L・フロストが監督した性的変質者の物語。撮影はチャールズ・ラングドンが担当した。出演はデイヴィッド・ホームズ、ヴァージニア・ゴードンほか。

1968年製作/アメリカ
原題:The Animal
配給:ニュー・シネマ・コーポレーション

ストーリー

テッド(デイヴィッド・ホームズ)はアニマルといえるくらいの変態者。ある夜、望遠鏡を買い込んだ彼はアパートの窓を片っ端からのぞき始めた。数々の情景がレンズを通してテッドの脳裏にやきついていく。そして子持ちの美しい未亡人ジョーンの肢体に魅せられ、彼女を電話で脅迫する。命令に従わないと子供を殺す、と。セックスの行為を始める。テッドは望遠鏡で見て、電話で声を聞く。そして次はコールガールを自室に呼びよせる。LSDを飲んだテッドは狂乱し、せきたてるコールガールの声が母親の声に聞こえた。彼は母親を憎んでいる。そして思わず彼女を殺してしまった。殺人の興奮が彼の神経を高ぶらせ、ジョーンを強引に呼び出した。抵抗する彼女にテッドはサディスティックにたちむかう。そして翌朝、テッドはジョーンから頭痛薬をもらって別れた。だがそれは強い睡眠薬だった。運転の途中、薬がきいてきて事故を起こし、テッドは重傷。一生廃人で終わることだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く