モデル連続殺人!

劇場公開日

25%
50%
0%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

マルチェロ・フォンダート、マッシモ・パトリッツィ、アルフレド・ミラビレのシナリオを「血ぬられた墓標」のカメラマン、マリオ・バーヴァが製作・演出した猟奇殺人ドラマ。撮影はウバルド・テルツァーノ、音楽は「恋のなぎさ」のカルロ・ルスティケリが担当した。出演は「バイキングの復讐」のキャメロン・ミッチェル、「ダイヤモンド作戦」のエヴァ・バルトーク、ほかにトマス・レイネル、クラウド・ダンテス、ダンテ・ディ・パオロ、リー・クルーガーなど。

1963年製作/イタリア
原題:6 Donne per I'assassino
配給:松竹映配

ストーリー

ファッション・モデルの女が仮面の男に惨殺された。ただちに捜査が開始されたが、犯人内部説が濃く、モデル達が訊問をうけたが、臭いとみられた人物にもアリバイが成立した。翌日、殺されたモデルの日記帳が、デザイナー、モラルキ(キャメロン・ミッチェル)の館でのショウの控室で発見された。その女は、日記帳に他人のことまで記す癖があり、誰もが日記帳を公開されると困るような秘事を持っていた。モデルの一人ニコレはその恋人が麻薬患者だったので、彼の名誉が傷つけられては、と殺された女と親しかったことを理由に日記帳をあずかり、恋人の電話で急ぎ帰宅したが、待っていたのは例の殺人鬼だった。ニコレを殺した怪人は持物の中から日記帳を探したが、不思議にもその中になかった。その頃、モデルのペギーが自室の暖炉に、ニコレのバッグからそっと盗んだ日記帳を投じた。それが灰になったころ、またも例の怪人が現われ、日記帳のなくなったことを知ると、殴り殺して連れ去った。その死体はモデルのグレタの車のトランクから発見された。その翌朝、グレタもまた死体で発見された。そして、残った一人のモデル、タオイの殺害計画がなされた。犯人はモラルキだった。未亡人経営者のクリスティナ(エヴァ・バルトーク)との情事と宝石の密輸の秘密の暴露を怖れての犯行だった。モラルキは、自分の行動を警察に感づかれているので、クリスティナに男装させ、タオイの殺害を迫った。クリスティナはタオイのアパートで殺害に成功、ところがモラルキの密告で刑事がかけつけた。彼が完全犯罪を計ったのだ。おまけに説明しておいた逃げ場を彼自身が破壊し、そのためにクリスティナはひん死の重傷を負った。やっと、モラルキの所に辿りついた、クリスティナは、驚き、哀願する彼を射殺、同時にこと切れたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • オーディション
  • 吐きだめの悪魔
  • ファンタズム
  • バスケットケース
  • フェノミナ
  • 幽幻道士(キョンシーズ)
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0「サスペリア(1977)」を思い出させる幻想的な映像美

2021年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

 この作品は「知りすぎた少女」に続くジャッロ映画である。モデルが次々と惨殺していく物語で、ストーリーとしてはシンプルなものとなっているが、映画はストーリーだけではないのである。
 今作の見どころは何といっても映像美。ダリオアルジェント監督の「サスペリア(1977)」のように様々な色の照明を使って幻想的かつ不気味な雰囲気を醸し出し、小道具の赤も血のように際立っている。
 「モデル連続殺人」を観ることによって映画は映像、視覚的なものなのだと改めて思い返される作品になっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
2001年ゾンビの旅

2.060年前を懐かしむ程度のお話

2021年9月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

これだけ死傷者がでるのなら余程の理由があるだろうが動機や背後関係が説明不足 ヒッチコックの様な古き時代を惜しむ作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆたぼー
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る