ミー&ヒム

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アルベルト・モラヴィアの小説にヒントを得て、自分の“男性自身”から話しかけられるようになってしまった建築家の戸惑いを描いたコメディー。製作はベルント・アイヒンガー、監督・脚本は「メン」の女流監督ドリス・ドリー、共同脚本はウォーレン・D・レイトとマイケル・ジャンカー、撮影はへルゲ・ヴェインドラーが担当。出演はグリフィン・ダン、キャリー・ロウエルほか。

1989年製作/西ドイツ
原題:Me & Him Ich und Er
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

ストーリー

ニューヨークに住む建築家バート(グリフィン・ダン)は35才の誕生日を迎えたその日から、自分のアノ部分から話しかけられるようになる、ふだん抑えつけられている自分の欲望を代弁するような“彼”の声に導かれるまま社長を前にした大切な会議で「将を得んとすればまず馬を射よ」の要領で社長夫人にセクシーに振舞い見事成功する。しかし同じ手口は新しい仕事のパートナーとなったジャネット(キャリー・ロウエル)には通用しなかった。恥をかいたバートは“彼”の声などもうアテにするまいと心に決めるが、“彼”の言う通りにしていい思いができることもあるから不思議だった。そうこうしているうちにジャネットに追い越され部長の座を奪われたバートははっと目覚め、自分を取り戻そうと“彼”の写真を撮ってそれを燃やすことで縁を切ろうとするが、声はもう聞こえなくなったものの、今度はバートは不能に陥ってしまう。しかし皮肉にもそれと裏腹にジャネットがアプローチをかけてきた。そして妻アネット、更には社長夫人エレノアまでが……。バートは教会で懺悔し、会社はクビになったものの妻のもとへ戻り、そして2年後建築家として大成功を収める。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る