劇場公開日 1988年2月20日

マネキンのレビュー・感想・評価

3.53
11%
57%
29%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全3件を表示

4.0人間以外に恋するならば・・・

kossyさん
2020年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

 ファンタジー・ラブコメ作品と言えばいいのでしょうか、楽しくてしょうがない。経営者からすれば、絶対に雇いたくない主人公の性格ではあるが、ぜひ友達として付き合いたいタイプだ。オカマのディスプレイ担当、ハリウッド(メスハック・テイラー)という俳優も捨てがたいのだが、彼はこのシリーズしか出演していないようだ。警備員フィリックス役のベイリーも『ポリス・アカデミー』シリーズくらいしか登場していないのが寂しいですね。もっと使われてもいいコメディアンだと思う。

 デパートのディスプレイに限らず、ポップなデザインは映画の随所に見られ、色々と創作意欲をかきたてられた。好きだったのは、ハリウッドのピンクのキャデラック!ナンバープレートには“BAD GIRL”と書かれています。

 ピノキオや人魚姫のような設定ではあるが、ちょっとひねりを加えて古代エジプトの女性という所が斬新だ。しかし、ハッピー・エンディングになるのはいいのですが、相手が4051歳じゃなぁ・・・ちょっと考えものだ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0軽快で楽しいラブファンタジー

2013年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

心をこめて作ったマネキンに恋をした青年ジョナサン。デパートのウィンドーで再会したマネキンは、彼だけの前で動きだし…。二人で創り上げたショーウィンドーは話題を呼び、ライバル社が秘密を探りはじめます。
マイケル・ゴットリーブ監督1987年作品。80年代らしい軽快なラブファンタジー、とても楽しかったです。

無邪気で色っぽいマネキンのエミーを演じるのは、キム・キャトラル。次から次へのお着替えが楽しいです。
マネキンの扱われ方が大雑把、あんまりキムに似てないし。とっても可笑しかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グッドラック

4.0マネキンに恋をして

2010年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

楽しい

幸せ

つれないデパート社員が
マネキンに恋をしディスプレーを演出。
瞬く間に話題を呼び、マネキンとも
恋に発展。無人のデパートで・・・

もっと注目を浴びていいと思うんだけど。
音楽もいいです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
のーまん
「マネキン」の作品トップへ