晩鐘(1987)

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

中国映画界第五世代のウー・ツーニウ監督の第5作目にあたり、戦争経験のない監督が、その持ちうる演出力と映画技術を最大限に駆使し、戦争の悲惨さを冷徹なリアリズムによって表現した傑作。89年、ベルリン映画祭銀熊賞受賞。

1987年製作/中国
原題:Evening Bell 晩鐘
配給:東光徳間

ストーリー

1945年、日中戦争が終結した時期、東北地方の原野にはまだ兵士の死体が多く重なりあっていた。八路軍の死体処理隊は、この地の武器庫の洞窟に終戦を知らずに潜む33名の日本人兵士を発見する。冷静な判断力を持つ処理隊の中隊長(タオ・ツォールウ)は、捕虜の日本兵(スンミン)を説き伏せ、無条件降伏を要求する。しかし、心身共に極限状態の日本軍には狂人も出現し、洞窟は地獄と化していた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く