春のかけ足

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

風光明媚なイタリア北部を舞台に、天真爛漫な子供たちの姿を描くハートウォーミング・ドラマ。監督は、エルマンノ・オルミに師事したジャコモ・カンピオッティで、彼の監督デビュー作。製作は「女たちのテーブル」などのジョヴァンニ・ディ・クレメンテ。出演は監督の生まれ故郷でロケ地となった、イタリア北部ヴァレーゼ地方のカシアゴ村の子供たちで、全員がオーディションで選ばれ、映画初出演を果たした。

1966年製作/100分/イタリア
原題:Corsa di Primavera
配給:ボイジャー・エンターテインメント=ゼアリズ

ストーリー

イタリア北部ヴァレーゼ地方はカシアゴ村。イサッコは8歳の男の子。両親の別居でヴェネチアから母親と引っ越して来た。母は美容師をはじめ、イサッコは新しい学校へ。緊張するイサッコと、様子をうかがう子供たちだったが、すぐに仲良くなった。ガキ大将のフィオレロは、イサッコに飛び降りごっこや自転車レースを教えてくれる。二人の仲間は医者の息子で優等生のガブリエレ。お菓子を買ってくれるのは、いつも父親のツケがきく彼だった。しかしとうとう買い食いがばれて、ガブリエレはママに叱られた。町にサーカスがやってくる。初めてみるイサッコは大興奮。ところがそこで、ライオンが逃げ出すという事件が発生。ヒーローになりたいフィオレロは自転車にまたがりいざ出陣、ところがそうこうするうちにライオンはつかまって、皆に笑われてしまった。サーカスが去って、3人は森に冒険に出かける。行き先はイサッコの父親がいるヴェネチア。ところが当日、間ち合わせの駅にやってきたのはイサッコだけ。がっかりするイサッコだったが、そんな彼の前に思いがけない人が汽車から降りてくる。それはイサッコのパパだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く