バトル・ウォーズ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

軍事クーデターに揺れるある小島に単身潜入した男の活躍を描くアクション映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはホープ・ホリディとジョン・デ・コック、製作・監督・脚本は「必殺コマンド」のデイヴィッド・ウインターズ、撮影はヴィンセント・コックス、音楽はマーク・マンチーナとティム・ジェームズ、スティーヴン・マクリントックが担当。出演はジェームズ・ライアン、オリヴァー・リードほか。

1987年製作/アメリカ
原題:Rage to Kill
配給:ジョイパックフィルム

ストーリー

弟グレンの住むセント・ヘロン島での軍事クーデターを知ったカー・レーサーのブレイン・ストライカー(ジェームズ・ライアン)は、弟の身を案じ、単身島に潜り込むが、そこでクーデターの主謀者ターナー少将(オリヴァー・リード)の一味に捕えられ、拷問をうける。しかし監禁された大学寮で、波ほ弟と再会し、知り合ったCIAの連絡員ミラー(キャメロン・ミッチェル)からレジスタンス組織の存在を知らされる。そして武装し大学脱出に成功したストライカーたちは、解放区のレジスタンス運動に参加する。組織のリーダー、ウォーリー・アーン(ヘンリー・セレ)と共に、軍のミサイル工場へ潜入したストライカーたちは、やがて到着した米軍海兵隊の応援のもと、クーデター鎮圧を成功させるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る