ニューヨーク・ニューヨークのレビュー・感想・評価

ニューヨーク・ニューヨーク

劇場公開日 1977年8月13日
3件を表示 映画レビューを書く

才能

才能に惚れても、恋人となるとなかなか上手くいかなくなる。お互いの劣等感がわかってしまうからではないだろうか。

『誰かが勝てば、誰かが負ける。』
『このままでは、ペギーの男に成り下がる』

売れっ子になるには、何よりも自己愛が強いことが大切です。自分にとっての良い想い出も、自己愛なんです。

ミカ
ミカさん / 2017年11月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良くも悪くもスコセッシワールド

「メジャーコードには君が必要だ」というセリフがとても印象的で、深読みするとマイナーコードには必要でないとも受け取れ、この物語の本質を捉えているのかなと思わせる。
恋愛の心理描写は端折ってる印象を受けたり、共感できないような場面も多々あるのだが、破天荒でムナクソ悪い役を演じたデ・ニーロはセリフがなくても表情だけで十分伝わってきてさすがです。ただデ・ニーロじゃなかったらまた印象の違う作品になったろうなと感じ、他の演者で観たかったような気もしました。
終盤はミュージカル調になっていき、心情を語っている歌詞が非常にしっくりきて楽曲とともに素晴らしかった。ただ尺の長さや作風は良くも悪くもスコセッシだな~と思わせ、評価が分かれるところだとは思う。

キース@Keith
キース@Keithさん / 2017年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠い

よくある感じの恋愛話が淡々と進んでいく。
まとまってはいるものの、個人的には退屈だった。
50sなミュージカルも繰り広げられ、眠気がより一層…。

この映画については、作者が積極的に見どころを説明しているが、
そういう映画は大抵ハズレ。
言い訳が必要な時点でダメなんだろう。

ラストだけは、この監督らしいといえばそうかもしれない

いもりり
いもりりさん / 2015年11月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi