長い灰色の線

劇場公開日

0%
50%
25%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「フォルウォスの黒楯」のロバート・アーサーが製作し、「コレヒドール戦記」のジョン・フォードが監督するシネマスコープで、ウェスト・ポイント陸軍士官学校を舞台としたマーティ・マーの自伝を映画化したものである。脚色はエドワード・ホープ。テクニカラー撮影は「彼等は馬で西へ行く」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「殺人者はバッジをつけていた」のモリス・W・ストロフ。「壮烈カイバー銃隊」のタイロン・パワーと「マラガ」のモーリン・オハラが主演し、以下「彼等は馬で西へ行く」のロバート・フランシス、「愛の決断」のドナルド・クリスプ、「ホンドー」のワード・ボンド、テレビ女優ベッツィ・パーマー、「彼等は馬で西へ行く」のフィル・ケイリーらが出演する。

1954年製作/138分/アメリカ
原題:The Long Gray Line
配給:コロムビア映画会社

ストーリー

ウェスト・ポイントの体育助教として50年間勤めて来たマーティ ・マー軍曹(タイロン・パワー)は、辞職命令に不服で、その撤回を旧友の大統領のところへ頼みに行き、昔の思い出話をする。――1903年、アイルランドからやって来たマーティ青年は、ウェスト・ポイントの給仕に雇われたが、失敗ばかりしていた。やがて、兵に志願してウェスト・ポイント勤務隊に配属され、体育主任ハーマン・ケーラー大尉に見出されて体育助教となった。そしてケーラー家の女中のアイルランド娘メアリー・オドンネル(モーリン・オハラ)と結婚した。マーティはいずれアイルランドへ帰るつもりだったが、次第にウェスト・ポイントに愛着を感じて行った。妻メアリーはマーティには内密に、彼の父と弟をアイルランドから呼び寄せた。弟がニューヨークで成功し一緒に仕事をしようと誘われたときも、やがて生れる子供をウェスト・ポイントに入学させたいと思って断った。男子が生れた。しかし、候補生たちが祝福してくれたのも束の間、その子は不幸にも死んだ。自棄になったマーティは酒に溺れたが、候補生たちの温かい忠告に自己をとり戻すことが出来た。レッド・サンドストロムという候補生が成績不良に悩んでいたのを、やさしく慰めて、学校の先生をしているキティ・カーター(ベッツィ・パーマー)を相談相手に与えてやった。この間にもウェスト・ポイントからはマックアーサー、スティルウェル、ブラッドリー、ストライトマイア、ウェンライト、ヴァンフリート、アイゼンハウアなどが卒業して行った。第一次大戦が始まった。レッドは優秀な成績で卒業し、キティと結婚したのち出征した。大戦は勝利に終わったが、レッドは戦死し、キティは幼児を抱えて未亡人となった。レッド・ジュニア(ロバート・フランシス)はマーティ夫妻の庇護の下に成長し、1938年ウェスト・ポイントに入学した。だが、卒業間際女性とのことで間違いを起こし、自省ののち自ら退学して折からの第二次大戦に一兵卒として参加した。メアリーは安らかに生涯を終えた。残されたマーティは淋しかったが、彼の周りにはいつも若い候補生たちがいた。それが彼の生甲斐だった。――マーティの話は終わった。大統領はドットスン中将(フィル・ケイリー)に善処を依頼した。中将とマーティがウェスト・ポイントへ帰ると、マーティを待っていたのは彼へはなむけのウェスト・ポイント全員の大分列式だった。思い出深い行進曲を胸にかみしめながら、マーティ老軍曹は感動の涙を拭うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5延々と会話だけが続く躍動感に欠ける士官学校を描く作品

Cape Godさん
2014年9月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

幸せ

総合45点 ( ストーリー:60点|キャスト:50点|演出:30点|ビジュアル:65点|音楽:65点 )

 これは実在した士官学校の教官の軍曹の話だそうで、士官学校の軍曹といえば「愛と青春の旅立ち」でアカデミー助演賞をとったルイス・ゴセット・ジュニアがまず頭に浮かぶ。ここでも軍隊に半生を捧げて陸軍士官候補生を鍛える泣く子も黙る鬼軍曹が登場するのかと思いきや、なんのことはない軽い喜劇で始まる。喜劇部分も古い映画だけあって演出も古くてそんな面白いものでもないし、訓練も日常の描写も士官学校らしい真剣さが見られない平凡以下なもの。
 後半になると戦争があったりして真面目な話になってくるけれど、あれがあった・これが起きたというように出来事は家族や士官学校関係の人々との間に交わされる会話の中で説明されるだけで、途中には多少のいい話もあったけれど、直接の描写が殆どないためにのめりこめない。結局のところ、二時間越えの作品の中で、士官学校周辺の人々の会話を描くことを数十年分にわたって延々と続けられただけ。しかも場面は殆ど士官学校の敷地と家の中のみ。マッカーサー・パットン・ブラッドレーといった大物軍人の名前も出てくるが、それも卒業生として名前が出てくるだけで本人の登場はない。これだけ躍動感に欠ける作品だとは思わなかったし、映像の動きに頼らずとにかく終始会話だけで物語を作るという演出が作品をつまらなくしている。そのためもあってか、登場人物にも魅力を感じない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る