底抜けやぶれかぶれ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ゴルフ熱全盛時代にこたえて入荷した、底抜けコンビの旧作。サム・スニード、ベン・ホーガン等のプロ・ゴルファーを2人に配した喜劇の一編。エドモンド・L・ハートマンとダニー・アーノルドが、アーノルド自身の原作を脚色、ケン・イングランドが追加台詞を書いている。監督は「歓びの街角」のノーマン・タウログ。撮影は「底抜け西部へ行く」のダニエル・L・ファップ。音楽はジョセフ・J・リリー、「底抜けのるかそるか」のディーン・マーティンとジェリー・ルイスのコンビに「豹の爪」のドナ・リード。「ラプソディー」のバーバラ・ベイツが加わって主演。ジョセフ・カレイア、フレッド・クラークが助演する。

あらすじ

ニュー・ヨークのパラマウント劇場のショーに出演中の、ジョー・アンソニー(ディーン・マーティン)とハービー・ミラー(ジェリー・ルイス)のコンビは大人気だった。楽屋には彼等のほかにジョーの父母がいて、記者のもとめによって2人の生い立ちを話しはじめる。ジョーは船に弱かったので、父のやっている漁業をつぐことが出来ず家出し、いろいろな職についた末、一文なしになって家にかえってきた。ハービーは有名なゴルフの選手の父の血をひいて、ゴルフが巧かったが、群衆恐怖症のため試合で実力を出せず、彼も家出した。デパートで働いているうち彼はジョーの妹リザ(バーバラ・ベイツ)と恋仲になったが、失敗でクビになる。リザは失意の彼を家につれかえり兄のベッドにねかせた。ジョーがもどってきて一騒動になったが、リザの説明で2人は親友になった。ハービーの仕込みでゴルフに上達したジョーは、トーナメントに出るほどになり、キャディとして彼につき、コーチするハービーとコンビを作った。初のトーナメントに優勝、ジョーは名選手とうたわれるようになり、社交界の花形ケイシー・テーラー(ドナ・リード)と知り合う。彼女の家に滞在して、ジョーはトレーニングをすることになったが、名士となった彼は酒にひたり、ケイシーと喧嘩して邸をとび出した。次のトーナメントが近いので、ハービーとケイシーは警察にたのんで彼をつれもどしたが、油断している間に逃げられた。2人はジョーの出現を期待して、トーナメントの当日、会場に出かける。ハービーがそばでコーチしなければ、ジョーは勝つことが出来ないし、ジョーがいなければハービーの技術は生かすことが出来ないのである。会場で、ジミー・トムスン、サム・スニード、ベン・ホーガン等とジョーの組がスタートする時間になって、警察から電話がかかってきて、はじめてジョーが留置場にいることが解った。ハービーの工作で時間をひきのばし、ジョーが到着して試合は開始されたが、彼はハービーの助言を聞こうとせず、ゲームは混乱し、彼の父母やリザまで加わって会場は大騒ぎとなった。ケイシーとリザが力を合わせて奮闘し、やっと一同は脱出する。間もなく料理店に改装されたジョーの家に、「ゴルフの英雄ジョーとハービー」の看板が出された。2人の舞台は大成功。申し込みは殺到し、両人は全米の人気スターとなった。そこでジョーの父の話は終わって、2人は舞台に出ていった。客席では、ケイシーとリザがそれぞれの恋人に拍手していた。

1953年製作/アメリカ
原題:The Caddy
配給:パラマウント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 アカデミー賞(1954年)

ノミネート

主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る