新婚道中記のレビュー・感想・評価

メニュー

新婚道中記

劇場公開日 1938年
2件を表示 映画レビューを書く

迷惑カップル

実に昭和12年の作品だそうだが、現在のアメリカはもちろん、日本も離婚だらけになってしまい、何が失敗しているのか、教育の失敗なのだろうが、この時代で既に離婚裁判の場面になってしまった。親権争いがメインで、それが犬の取り合いだという。なんなのだろうこの映画は。そしてすぐに新たな男が登場してきて。しかしなんだか元のさやに戻るんだろうと予想してしまうが、『フィラデルフィア物語』を薄っすらと思い出したら、男は同じケーリー・グラントだった。男はさらに一人増えて、誤解もあるのだが、そして一人は減り、もう一人は誤解だから。ところが、じつは女のほうが主人と元に戻りたかったのだが、男のほうが新しい恋人が出来たようで。ではどうなっていくのか。
人騒がせな狂言カップルみたいで脇役たちのほうがかわいそうな気もしたような、時間つぶして損したような気にもなるような、この映画の時代からやたら面白いものは増えたからか。

Takehiro
Takehiroさん / 2018年3月22日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロマコメの古典

愛し合っている夫婦(アイリーン・ダンとケイリー・グラント)が喧嘩の勢いで離婚の道をまっしぐら、二人は新しいお相手の獲得競争になる。
本当は互いに大好きなことが分かっており、他愛のないロマンチックコメディとして突っ走る。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2018年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi