死霊伝説のレビュー・感想・評価

メニュー

死霊伝説

劇場公開日 1982年1月23日
1件を表示 映画レビューを書く

疫病のようにはびこる恐怖

勝手にキング原作映画特集その18!
今回は『悪魔のいけにえ』で知られるトビー・
フーパー監督作品、『死霊伝説』('82)を紹介。

幼少を過ごした田舎町ジェルサレムズ・ロットに帰ってきた
作家ベン・ミアーズ。あるトラウマを抱える彼は、
そのトラウマの元凶である町外れの屋敷・
マーステン館について執筆しようと目論んでいた。

時を同じくして、長らく無人だったそのマーステン館に
ある人物が引っ越してくる。骨董商ストレイカー、そして
一向に人前に姿を見せない共同経営者バーロウ。
その頃から次々と起こり始める怪異。
子ども達の失踪、悪性貧血の蔓延、そして
夜な夜な家の扉を叩く、死んだはずの人間たち。

怪異の発端がバーロウにあると気付いたミアーズは、
数少ない仲間たちと共にバーロウと戦う決意を固めるが……
.
.
.
作品紹介やDVDのパッケージを読めば分かってしまうので
ぶっちゃけると、本作は吸血鬼映画である。しかも
最近よく見る「日光なんて効かぬッ」とかの特異体質じゃなく、
十字架も日光も聖水もニガテというクラシカルな吸血鬼。

現代の田舎町に吸血鬼が現れたら?というコンセプトだけ聞くと
陳腐に思えるだろうが、そうならないのがキング大先生。
平和な田舎町が、疫病に侵されるかの如く、じわりじわと
死者の町へ変貌していく様子が事細かに描かれていて面白い。
.
.
.
実は本作、もともとは前後編のTVドラマとして映像化されたものだが、
そのクオリティの高さから映画として再編集されたんだそうな。
日本公開版は4時間の内容を2時間未満に短縮したものらしいが、
(これはハショり過ぎて惨憺たる評価を受けたらしい)
現在DVDレンタル店でよく見掛けるのは3時間の完全版。

3時間……長ェ。
上映時間3時間のホラーなんて僕は本作以外で聞いたことがない。
実際に観ると、「あ、ここでCM入るんだ」と
露骨に分かるシーンも何ヵ所もある(笑)。

だが引き付けられるシーンは多い。
何せ30年も前の作品なのでそこまでの恐怖は感じないが、
墓守りが魅せられたように棺を見つめるシーンや
“食器棚”を地下室に運ぶ一連のシークエンス、
背後の暗闇からゆっくり這い寄る死者のショットなど
面白い点は随所にある。
.
.
.
映画版はさすがに小説ほど緻密に物語が描かれる訳ではないので、
町がじわじわ変貌していく様子が今ひとつ伝わらないのが難点。
それでも長大な原作をそつなくまとめられているように思う。
それに○○○○の最期をラストに持ってきた点も、
物語の悲劇性を高めていてなるほどと感じた点。

また、原作との差異で面白いのは吸血鬼バーロウだ。
原作のバーロウはクリストファー・リーが演じる
ドラキュラのように知性的だが、 映画版のバーロウは
『吸血鬼ノスフェラトゥ』のような禿げ頭、
鋭く突き出した牙、病的に青い肌、爛々と金色に輝く眼
という、とにかく醜く恐ろしげな容姿をしている。
映像としての『怖さ』を優先したのだろう。

小説を単純に映像化するのではなく、
物語の順序を入れ換えたり、視覚的に工夫を凝らしたり、
映像化する時にどうすれば怖く見えるか、どうすれば
ドラマチックに見えるかなど熟慮した跡が伺える。
.
.
.
という訳で、3時間という長さに躊躇しない人、
且つクラシカルなホラーが好きな人にはオススメです。

ところで本作の原題は舞台となる町の略称『Salem’s Lot』。
文庫版は『呪われた町』という大袈裟なタイトルで発刊されているが、
この『死霊伝説』というタイトルはもっと大袈裟(笑)。
一体誰が付けたんか。

〈了〉
,
,
,
.
余談1:
『呪われた町』は『死霊伝説/セーラムズロット』という
タイトルで2004年に再度ドラマシリーズ化されている。
数年前に観たきりなのであんまり覚えていないのだが、
より原作に忠実だったり、舞台も2000年代になっていたり、
キャストもそこそこ豪華だったりでけっこう楽しめた記憶が。
(主演はロブ・ロウ、サマンサ・マシス、ジェームズ・クロムウェル他)
特にルトガー・ハウアー演じるバーロウはシブくてかっこよかった!
ただ、上映時間はまたしても3時間超なのでご注意を。

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2014年10月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi