地獄の必殺人 シャドー・ウルフ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

死んだと思われていた合衆国エージェントの戦いを描くアクション映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはサンディ・ハワードとハロルド&アニタ・リック、製作はデイヴィッド・ウィッツとマイケル・マシアレッリ、監督は「サンバーン」のリチャード・C・サラフィアン、脚本はジェームズ・J・ドカティ、撮影はローランド・“オジー”・スミス、音楽はジャミー・ジマジンスキーとポール・ハーゾグが担当。出演はマイケル・オントキーン、キャサリン・バックほか。

1987年製作/アメリカ
原題:Street Justice
配給:ジョイパックフィルム

ストーリー

12年前、ソ連当局に拘置された合衆国情報院カート・フリン(マイケル・オントキーン)は、妻と子供に会いたい一念から脱走、ついに故国に戻ってきたが、政府は“知りすぎた男”である彼を自由にするわけにはゆかない、と妻に会う前にフリンを消すべくCIAが彼を追う。ところが彼が死んだものと信じている妻キャサリン(ジョアンナ・カーンズ)は、エド・ワトソン氏と再婚しており、彼らは町を牛耳っている実業家チャンドラー親子の権力濫用を告発するための運動をすすめていた。それを知ったフリンは、妻たちを援助しようとチャンドラー親子に戦いを挑み、そして同時にCIAの追跡をも迎えうつのだった。激しい銃撃戦を勝ち抜き敵を倒したフリンは、新しい生活に入った妻子とようやく再会、彼女たちの幸せを祈りつつ1人去ってゆくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る