劇場公開日 1989年12月9日

恋人たちの予感のレビュー・感想・評価

3.540
12%
58%
24%
4%
2%
採点

全40件中、1~20件目を表示

3.0友情と恋の間の微妙な男女の友情。 友人だと思うと、恋心があったとし...

2022年6月21日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

友情と恋の間の微妙な男女の友情。
友人だと思うと、恋心があったとしても、邪魔をしてかたくなに友情を貫きたくなるのかもしれない。観ながら、そう思った。
ハリーとサリーの絶妙な、微妙なやり取り。
時間をかけて変わっていく心情の変化がおもしろかった。
メグ•ライアンが可愛い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

3.011年はかかりすぎでしょ。

2022年6月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bluetom2020

3.0レイア姫がチョイ役でメグライアンがキュートでしょう

2022年3月19日
iPhoneアプリから投稿

2022/03/19

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉下右京

4.0元祖アヒルぐち

2021年12月9日
iPhoneアプリから投稿

元祖アヒルぐち、
メグ・ライアン全盛期による
(表情豊かで弱くて強くて、可愛くて美しい)
都市での恋愛の理想型を正面から撮る、
以後30年以上も王道となるラブコメのお手本。

あの名シーン、
性と如何に向き合うか?という論点は
当然に今も色褪せない。

楽しんだ。また見る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

3.5ハリーが呆然と一点を見つめる時の顔が良い。

Nさん
2021年9月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ハリーが呆然と一点を見つめる時の顔が良い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
N

4.0男女の間に友情は成立するかなんてのは、テーマじゃありません 本当のテーマは、男女の考え方の違いを描くことです

あき240さん
2021年9月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1989年公開
メグ・ライアンの出世作です
脚本のノーラ・エフロンもまた出世作となりました

冒頭は1977年のシカゴ大のキャンパス
ラストシーンは1989年
12年かかってやっと結ばれたカップルの物語
男女の間に友情は成立するかなんてのは、テーマじゃありません
本当のテーマは、男女の考え方の違いを描くことです
男の本音、女の本音がてんこ盛りで登場します
それをさらけ出さないと、恋愛より先になんか行くわけないのです

劇中に何組も登場して、二人の馴れ初めを話する老夫婦のインタビュー
カップルの数だけ馴れ初めの物語があるのです
恋愛には方程式も理屈もなくて、なるものはなるし、ならないものならない
本当に結ばれる二人なら、本音をぶつけあうのです
傷つくのが怖いようなら、結ばれるわけもないのです
恋の直感に素直になろうよ、というのが結論なのです

ロアーイーストサイドのカッツ・デリカテッセンは、本作で有名になりました
サリーが女はみんなあの時感じてる振りをしてると言うのを実演する本作の有名シーンの舞台だからです

サリーの年代ごとのファッションと髪型、化粧の移り変わりも見どころです
それだけで笑えます

メグ・ライアンの、常にスマイルが浮いている表情がたまりません、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

3.0セックスの話が多すぎる

2021年6月27日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョニーデブ

3.0I really hate you

Kjさん
2021年6月6日
iPhoneアプリから投稿

小粋で軽やかなトークを繰り出すハリー。くしゃくしゃな泣き顔ドアップで出てくるサリー 。面白グッズ弄りなど、トレンディドラマ臭がキツい。バッティングセンターは柳葉敏郎が居てそう。最後の告白でどれだけキメてこれるか。テレマーク付けて回収。
男性上位時代からの訣別を示すために、ガールズトークを男相手にさせるという愚行。友人とはそういうことか?男女関係を再定義するにあたって迷走する様が窺える。
友人役がレイア姫だったとは気付かなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kj

4.0男性必見のラブロマンス

2021年5月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

《お知らせ》
「星のナターシャ」です。
うっかり、自分のアカウントにログインできない状態にしていまいました。(バカ)
以前の投稿の削除や取り消しもできないので、

これからは「星のナターシャnova」として

以前の投稿をポチポチ転記しますのでよろしくお願いいたします。
==============

公開当時とテレビ、DVDと5回以上は観てますが
TOHOシネマズの企画で再度映画館で観られて嬉しかったです。

なんと言ってもこの映画を映画史に残る作品にしたのは
メグ・ライアンのあるシーン!!
今では定説になっているけれど、
この映画の作られた当時では
男性の思い込みをあざ笑うかの様なこのシーンは
まさに多くの女性の「してやったり!」と言う
快哉の声が映画館に溢れたんだじゃないかしら!!

主人公のハリーを演じるビリー・クリスタルは
大してカッコイイ訳でも無い上に、割と無礼な奴で
正直ラブロマンスの主人公にはあまり向いて無いし
ヒロインのメグ・ライアンも見た目は可愛いけど
性格的にはめんどくさいタイプ。
でも、だからこそこの映画は11年も友達でいる事に
リアリティーを感じさせるのかな〜〜
もっとお互いカッコ良くて良い奴だったらサッサと
恋人に落ちてしまってる。(笑)

アメリカのこの手のラブコメは割と男女どちらも
ちょっと一癖ある者同士のぶつかり合いが多いですね。
それは観てる観客側も現実には有り得ない美男美女ばかりの
ご都合主義な恋愛にはもはや感情移入出来ないから。
ちょっと一癖ある者同士でもお互いが素直にぶつかり合う事で
お互いが理解し合い成長して幸せを掴む。
それこそリアリティーのある恋愛。

そういう生身のぶつかり合いが恐くて今はみんな
恋愛弱者になってる気がする。
特に若い男性に観て欲しいな〜。
恋愛はめんどだけど面倒だからこそ
達成感や信頼感があるってこと。

楽しい映画です。セリフをしっかり噛み締めて〜〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
星のナターシャnova

3.5チャーミングなメグライアン

さん
2021年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

メグライアン扮するサリーオルブライトは、ビリークリスタル扮する友人の恋人ハリーバーンズと18時間かけて車で乗り合わせてニューヨークへ向かった。サリーは、ハリーから言い寄られて最悪だった。しかし、ニューヨークで偶然ながら何かとふたりは話し込む事が多かった。5年後、31歳のサリーは別れて独り身になっていた。同じく独り身になりそうなハリーと本屋で出くわした。同じ境遇になるとにわかに親近感が出るのかな。腐れ縁と言うか偶然が重なって縁が出来て人情が移っていく。言いたい事が言える間柄がいいんだろうな。それにしてもブロンドなびくメグライアンがチャーミングだったね。可愛くて思わず見とれちゃったな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

2.0ドラマチックではないラブコメ

光陽さん
2020年6月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

メグ・ライアンといえばラブコメですね。
ですが、あまりにもドラマチックではないラブコメに観ていてやや退屈になってしまいました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
光陽

3.5あると思います!

2020年6月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

知的

幸せ

永遠の課題
同性の友よりも深く話せる存在
そんな贅沢な友達がいたらいいな
そりゃ〜いる人はいるでしょうけどなかなか出会えるもんじゃありゃせんぜ旦那
だってそうでしょ、よほどのクソ真面目野郎じゃなきゃハグだってチューだってねー
クソ真面目野郎だって我慢してるだけなんだしね
胸だってお尻だって見ちゃうよねー
でもこんな友達がいたらいいな〜と思うな
長続きするんだろうか?
あまり合わない方がいいのかしらん
はなっから人の彼女だったら全然大丈夫なんだけどね
そういえば若い時に2、3人いたな〜
みんな友達の彼女だから気兼ねなく下心なく話せてたな
よくみんなで酒も飲んだしドライブにも行ったし楽しかったけどアレは友達じゃなくてやっぱり人の彼女なんだよね
だからやっぱり違うんだよね
若造には分からないとてもいい映画でした
トム・ハンクスよりもこおいう話はビリー・クリスタルの方がよく似合う
好き好きだけどね
でわでわ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カルヴェロ1952ll

2.5良い意味でも悪い意味でも、ふつう。 ただし全盛期のメグライアンの美...

2020年6月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

良い意味でも悪い意味でも、ふつう。
ただし全盛期のメグライアンの美しさは、見る価値ありと思わせてくれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お手紙食べるほうのヤギ

3.5カサブランカとクリスマスツリー

kossyさん
2020年6月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 出会いは最悪のイメージというのがハリウッドの恋愛スタイル。時間の経過と恋愛感情が絶妙で、最初からセックスについて語るというのもアメリカ的だし、時折はさまれるビデオレター風の老夫婦オノロケ漫談も素敵。

 アカデミー賞授賞式の司会がビリー・クリスタルの時は本当に笑えるのですが、もう司会者はやらないのかな。コメディアンとしての彼がそのまま映画の主人公になった感じで、下ネタも得意なメグ・ライアンとは息がぴったり。

 終盤になってくると、友だちだった頃に語りつくしたことが今更何をしゃべればいいのか・・・というところも面白いけど、「本を買ったら最初に結末を読む」という変てこな性格を考えると、未来はいっぱい膨らむように思う。

 『恋人までのディスタンス』シリーズなんてのも、この映画の影響を受けてると感じるし、年をとってみると、こういうラブストーリーも有りだなって思う。音楽もハリー・コニャックを中心として大人の雰囲気。そんな中でオールマン・ブラザースが異色です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

4.0言ってみたい✨

R♪さん
2020年6月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
R♪

4.0恋愛探求

雨音さん
2020年6月2日
Androidアプリから投稿

笑える

楽しい

幸せ

ユーモアがきいた軽い感じの映画だけど、恋愛を率直に探求してくれていて好感度大。
恋愛のプチテーマがいっぱい詰まっていてちょっとお勉強にもなったような。男女が友達として付き合うのことの気楽さとその限界。個性派の人の恋愛成就の難しいこと。素直になることの大切さ。男女のセックス感の違い。年齢と共にかわる恋愛感。など。
「男と女の間では友情は成立しない、何故ならセックスが邪魔をするから」…実際問題、多くの場合でこれは当てはまると思う。この「邪魔」という言葉がなかなかいいのだ。
邦題は…何とも安っぽい。原題を直訳した方が映画の雰囲気はよく伝わるのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
雨音

3.0基本、お金かかってない映画好きですが…

2020年6月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

単純

萌える

これは…う〜ん、なんで名作扱いなんですかねwww

まぁ、女子にとっては友達みたいな彼氏は憧れますが、サリーとHした後の、ハリーの賢者タイムっぷりがもうヤダw。

やっぱり軽々しくHするもんじゃないのかな?ハリーが主役の割にそこまでイケメンじゃないから、割とすんなり話に没頭できて、確かに自分がサリーなら「ん〜、この人はないわー」って思うwww

ただ、ハリーがガンガン押したからカップルになっただけで、美人だけど、ややメンヘラ気味のサリーは実際はあんまりモテなそうです。

そういう説得力のなさが、星3つかなぁ…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ゆ~きち

3.0可もなく不可もなく

とよさん
2020年6月1日
Androidアプリから投稿

ある1つの恋愛

少し変わってるな~と思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とよ

4.0DVD200円ゲットシリーズ。思いっきり結末が分かる、が見てしまう...

2020年5月20日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

DVD200円ゲットシリーズ。思いっきり結末が分かる、が見てしまう映画。

男と女って違いますよね。その違いを巧みに織り込んだストーリーが楽しい。コメディ調のビリー・クリスタル。そしてメグ・ライアンの魅力爆発。彼女悶えるカフェは名シーン、「彼女と同じものを」
ラストは大晦日。女性にはたまらん言葉が待ち受けています。
男も女も楽しめるラブコメの名作、見なきゃダメです(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0みんなどこにキュンキュンするんだろう…

みなさん
2020年4月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

ロマンティック・コメディの傑作とのことですが…ハマらなかった…。。「男女間に友情は成立するか」というテーマだが、成立するに決まってんだろ派の私にとってはビリー・クリスタル演じる男が気持ち悪くてしょうがなかったし、メグ・ライアンは可愛すぎたけど共感し得なかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな
「恋人たちの予感」の作品トップへ